おはようございます。今朝も曇り空です。もう梅雨入りですかね〜〜。一年で最も憂鬱なシーズンの到来、体調はイマイチです。腸の具合もよろしくなく、ビールで暑気払いする気にもなりません。トホホ 6月2日は横浜開港記念日です。ここ数年、横浜開港祭に横須賀の艦艇が大桟橋に入港するイベントが行われていますが、今年は「いずも」です。明日の夕方に接岸予定で、20:15〜24:00には電灯艦飾が実施されるとのこと。一般公開は6月1日 13:00〜16:00、6月2日 10:00〜16:00の予定で、6/1、6/2の20:15〜24:00も電灯艦飾が実施されます。毎年お招き頂いているので、時間が合えば馳せ参じるつもりです。以下は観艦式の際、東京音楽隊が同艦内で演奏した「海のさきもり」であります。既に4回ほど乗艦しておりますが、航空機昇降用の巨大エレベーター(2基)は圧巻です!


TE SYSTEM 6m MODEL 0552G

 出力375Wを誇るソリッドステート・リニアアンプです。回路は至ってシンプル、MRF492の2パラ・プッシュプルであります。MRF492は12V系でPcは250W程度とのことでした。50MHzだと、出力70Wまで11dBのゲインがあります。100W辺りからリニアリティが下がる傾向にあるので、4発で375wの定格出力はギリギリといったところです。また、VCEOが18Vと低めな設計であり電圧管理はややシビアです。押しすぎるとすぐに昇天するので注意が必要。今回のご依頼は出力の急激な低下(200W?)に関する修理であります。確認したところ、160W程度しか出ていません。2発(プッシュプル)故障を疑いましたが、故障は一発のみでした。MRF492はMP品は非常に高価で、入手しやすいSRF3800(こちらもモトローラ)で代替修理するケースが多いのですが少々特性が異なります。故障したMRF492の壊れ具合から、相当な過負荷が掛かったと思慮され、残存のトランジスタ内部もダメージを受けている可能性が高いことから、オーナー様には全数交換をお勧めしました。MRF492MP(モトローラ純正品)の在庫も少なくなりつつありますし、1発交換も全数交換も工賃差は僅かです。特に本機の回路構成では、プッシュプル毎のオフセット調整が行えないため、hFEが揃った4発を入れないとダメです。全数交換をご指示頂き、部品発注させて頂きました。DHL便で6月15日前後に到着予定であります。

4個ならんだMRF492

右端のTr・・破裂してる


IC-730 症状確認できず・・

 “周波数飛び”が発生しているとのことで確認させて頂きましたが、事象は一度も発生しませんでした。VFOノブのバランスが悪く、回転止めのビスが緩んだ状態ですと、ノブ位置によっては勝手に回ってしまう傾向がありました。ビスを締めたところ改善しています。それ以外に異常は観られません。丸4日テストして事象確認に至りませんでしたので、お戻しさせて頂く事にします。

 

Tagged with →  

コメントを残す