おはようございます。今朝も昨日に引き続き零下を記録しましたが、お昼過ぎには10℃を超えそうです。お天気は快晴であります。今朝も連休アフターの変則投稿になりま〜す。作業デスクに小さな手提げ袋が置かれてました。虎のロゴのついたアレです。(縦縞ではない!!)

チョコなんぞよりもコッチです!!

 小生、羊羹が大の好物であります。甘い物より酒の方が好きな口ですが、羊羹だけは別もの・・。特に虎のマークはたまりまへん。「盆暮れ正月は山崎12年、若しくは竹皮に包まれた“夜の梅”!」と方々にふれ回り、取引先の担当者に迷惑を掛けまくっておりました。・・・爆 今日はバレンタインデーですね。上出来、上出来!!!血糖値は確実に上昇! HbA1Cは8.2キープは難しいかも。

 

 

 


全ラインの作業状況だけ簡単にお知らせしておきます。

FT-102の進捗

 まず、掲題のFT-102にから・・。こちら、一通りの調整を終えました。受信感度が低下していた件はIF・RFのトラッキングでほぼ定格性能に戻ったような気がします。送信系・その他についてはオーダー外ですので、簡易的な調整とチェックのみになりますが、ハイバンドを除けば100W出ていることを確認しました。ファイナルの6146Bは比較的に新しく、高圧ブロックコンも近年交換済みでしょうか・・。12BY7Aが少々草臥れているかもしれません。接点系の洗浄については、本機の場合VR類がフロントパネルに直接マウントされているため、ガリが目立つ箇所を外して直接手入れしました。リアのスライドSWも同様です。バンド切替のロータリーSWは接点毎にCAIGをD-100Lを直接塗布しました。

ALCメーター側の電球切れ

 電源ON/OFFを繰り返していたら、ALCメーターが側の電球が切れました。(汗)本機に使用されるメーター照明は、メーター内部に装着するタイプの麦球でWの有名なOM(NC4L )が純正品相当のモノを特注されていましたが、すぐに手配できるようなものではありません。ダイオードと抵抗を挿入してLED化する手もありますが、メーター内に収まるサイズとなると確実に輝度不足になります。麦球の場合もシリコンフィルムを装着すると輝度が落ちます。オリジナルのグリー系の照明に拘らなければ、麦球だけで適度な輝度は得られはしますが・・・。オーナー様にご相談申し上げたところ、ドナー個体をお持ちとのことでしたので、メーター毎お送り頂くことにしました。到着までしばし作業を止めたいと思います。尚、AM/FMユニットの装着は完了しています。

6146BはOK

出来れば交換したほうが。。

FP着脱のためシャフト類を取り外す

VRは個々に着脱して洗浄


TS-830Vの進捗

 第4ラインで対応中です。こちら、メーター切替リレーの動作不良です。内部洗浄による機能回復を試みましたがダメでした。結論としては小型のラッチングリレー×2を載せた基板モジュールを製作し、オリジナルリレー同様のピン幅の足を装着してソケットにビルトインさせる方法で修理を続行中です。只今プリント基板を作成中ですので少々お時間を頂戴することになりそうです。


FT-790(その1)、FT-790(その2)

 同じ時期に別のオーナー様よりお預かりしている2台の個体です。前者は430MHz送信不良、後者はAF出力異常とのこと。こちら、第4ラインにて作業に入ります。


RJX-601 (その1)、RJX-601 (その2)

 上記同様、別のオーナー様よりお預かりしている2台の個体です。こちらは本日より隣のラインで診断に入ります。


修理作業の順番について

 現在3ラインが稼働中ですが、ライン毎に取り扱える機種が限定されるため、作業待ちの日数が個々に異なります。特に第1・2ラインについては全機種対応ですが、主に重整備フラッグのついた案件を取り扱っており、第3ラインは業務機優先で、繁忙期のみV/Uのアマ機が入ります。(3月末まで業務機対応中)、第4ラインの担務は真空管機・V/U機になりますが、現在、V/U機のご依頼が集中しているため、着荷後30日程度お待ち頂いております。無線機修理の性質上、歯医者の予約の様には行きませんため、ご理解のほどお願い致します。また、受付時にお知らせしております様に、着荷について弊社からは通知していません。ヤマト運輸の問い合わせ番号を照会して頂ければ、着荷したか否かをご確認頂けます。極々少人数でやっていますので、合わせご理解頂きたく存じます。

Tagged with →  

コメントを残す

Translate »