おはようございます。日本海側は寒波の到来で大変なコトになってます。横浜はこのところ快晴のお天気が続いていますが、やや寒いかな? 今朝は朝一番で赤羽橋の病院詣で(定期通院)。午後はややヘビーなプレゼンが続きます。あっ、、今日は結婚記念日だったぞ・・・。まぁいいか。汗 

CREDOR PHENIX

 皆さん腕時計は付けてます? 最近はスマホや携帯で済むため着用しない人が増えている様ですね。特に若い人達・・・。昭和なオヤジはコイツを付けていないと何となく落ち着きません。かつて時計集めに精を出していた時期があります。結局、お気に入りの数点しか着用しないことに気付いて、その多くを処分してしまいました。そして最近はもっぱらG Shockばかりです。何故かというと、無線機修理中に時計を傷つけたり、逆に無線機を傷つける心配がないからです。ここ数年ローテーションさせているのは、G shock以外だと、このCREDOR PHOENIX、タグホイヤー “CARRERA”、同“FOMULA”、ロレックス “DATE JUSTなど数本。実はこの時計、最初に転職した1998年に、辞めた会社の同期達からプレゼントされたものです。気付けば20年間愛用してきました。しかし、ここに来て日付が動かなくなりました。そろそろOHの時期なのでしょう。日付が動かなくても日常生活に影響ありませんけどね。諏訪の工房に出すとOHでも70,000円〜だそうです。確か売値は280,000円前後だったと思うのですが、70,000円〜のOH費用は確かに安くはありません。しかし一生付き合っていくと思えば、納得できる金額かもしれません。無線機もそうですが、趣味ってそんなもんですよねー。ベゼルのタキ・メーターは既に擦れて数字が見えません。汗 よしっ、新年会で銀座へ出張る際に和光に寄ってOHを頼んでこよう!。

LS-102L 残念無念!!

 サクサク行きましょう〜〜。ご入場中のLS-102Lですが、オーナー様より作業中止の指示を頂戴しました。確かに底なし沼に陥る危険性が高く、賢明な選択かと存じます。筐体がキレイなので残念なところですが、どうやら中古機の様です。やはり“深い思い”が無いないとこの手の機械を維持することは難しいかもしれませんね。

FT-847 かなり前倒しですが、ご入場!!

ドライバ段の手前のランドが腐食

 こちら、予定よりかなり早めの着手となりました。今週着手予定の機材が届いていないため、次週以降に対応予定の個体を繰り上げで拝見させて頂きました。430MHzの送信出力異常です。本機はIFまでは全バンド共用です。その先のプリアンプ、ドライバ、ファイナルで各周波数毎に振り分けられるのですが、RFユニットまでは正常波形を確認できました。ドライバのパワーモジュールに波形が届いていません。うむ・・・。ジャンパの1.5D2Vが断線しているのか・・・。いやいや、パワーモジュール手前を押すと電波が出たり、出なかったり・・・。ジャンパがランドする部分に基板腐食を確認しました。絶縁ドライバーで突いてみると、瞬間的にパワー計が触れることを確認しました。フラックスを除去してコーティング剤を塗布して剥離しかけているパターン部を迂回させ、パワーモジュールに直接届くリードを取りまわすことにしました。結果は“ビンゴ”です 433MHzで50W近い正常出力が出ることを確認しました。1.5D2Vも怪しいので交換しておきます。ロードさせて問題なければC/Oです。

433MHz FM でパワー確認

433MHzで50W・・OK!

TM-455 10W機がご入場中

この辺りが怪しい

 キャリアは確認できるものの、殆ど出力しない個体をお預かりしました。M57716(パワーモジュール)が故障しています。こちらは交換部品を差し入れ頂いているので、交換作業で復旧できると思われます。問題は“変調が載らない”件です。確認したところ、マイクアンプの後ろにあるアナログSWが機能してい様です。ICのVDCを測定したところ、既定値をよりもかなり小さい電圧でした。低電圧ラインのケミコン劣化を疑っています。ユニットを切り離したところ、低電圧ラインの電位が正常になったので、ユニット内で短絡が発生していると思われますが、ロジック回路が介入する箇所なので、そちらも検証する必要がありそうです。バックアップ電池の交換をご支持いただいているので、その作業の際に確認できると思いますが、少なくともロジック回路が介入するフロントスイッチ群は正常に機能しているので、可能性は低いと思います。工数が出たので、一度オーナー様にフィードバックしたいと思います。
 

Tagged with →  

コメントを残す

Translate »