おはようございます。これから福岡、“仕事納め”は出張となりました。爆弾低気圧が日本海側を覆っています。福岡も寒そう・・・。今し方、福岡に着きましたが、外気温計よりも機内の方が寒かったです。

HAM STAR のダウンロード販売終了

 先日お伝えしたとおり、RRS-Piのダウンロード販売が終了します。開発元のTBHDがインストール済MicroSDカードの販売を継続する予定です。まだサイトが完成していないのですが、年内にリリース(告知)されると思います。“Image Fileの作成が難儀”とのご指摘を頂いていたので、その辺はマシになるでしょうか。体制が整ったらお知らせしたいと思いますが、暫しの間「販売休止」となります。

FL-2100B 修理完了!

修理完了!

 2017年最後の重量級案件も無事にC/Oとなりました。こちら、“異臭・発煙・IP電流異常”とのことでお預かりしました。一昨日のブログで、最初「プレート周りは異常なし」と書きましたが、午後になって“訂正線”を引く有り様に・・・。パラ止めの抵抗が焼け落ちているのを見落としていました。m(_ _)m  上から見た限りでは、焼損痕が確認できず、「もしや?」と思いのぞき込んだら、酸化金属皮膜抵抗の下側半分が焦げているではありませんか! IPが無入力時にも拘わらず盛大に触れるのはコレが原因です。そして、そもそもの引き金はグリッドに繫がるバイアス・コントロール・ユニット(PB-1903)のケミコン・リークによる“発振・回り込み”と思われます。これらの部品を交換し、無事に修理は終わりました。昨夜最終まで負荷テストを実施しましたが、全く問題無く、入力100Wで450W(100V時)の出力を確認しています。球のボケもありません。この故障は、エキサイタのTS-830を同梱頂いたACCケーブル経由で接続した際に発生したと伺っているため、TS-830のリモート端子に繋ぐDINプラグ内の結線を確認したところ、TS-830側の3番ピン(GNDショートでTXとなる)と本機のSTBY端子(GNDショートでTXとなる)が結線されていました。正しくはTS-830側は4番ピンと2番ピンをFL-2100B側のRY端子・GND端子に繋げます。この端子はTS-830がSEND状態になると、リレーがONになり導通状態となる端子です。ここにFL-2100BのSTBY回路を繋げばOKだったハズです。今回誤って接続された3番ピンにはSTBY時に電位が掛かっているため、FL-2100B側のPTTにも電位が掛かかり、何かが発生した可能性は否めません。幸いにも、TS-830のSEND回路に故障はなく、正常結線後はスムースにTX/RXの制御が行えるようになりました。結局、モディファイされている回路(ユニット)については、FL-2100Bの文献が見つからず、後継機種のFL-2100Zの回路図を参考にしましたが、改造箇所については回路を追いかけての作業となりました。

見落としていた!

軽く400W出てる!!(10=100W)

【ご依頼内容】

  1. TS-830Sを繋いだ際に発煙・異臭
  2. IP電流異常
  3. その他

 以上について、修理を承りました。

【工数】

 実作業 2人日、回路解析 0.5人日

【交換部品】

  • 22Ω 2W(3Wで代替)酸化金属被膜抵抗 ×2(パラ止め)
  • 47µF / 50V アルミ電界コンデンサ(PB-1903内)

 これで年内の無線機修理は終了です。年明けは4日より修理作業を再開しま〜す! ブログは29日金曜日が年内最終号となります。

 

コメントを残す