おはようございます。11月最終週の月曜日、お天気は快晴、気温は高めです。何だか足の調子が悪く、今日も自転車をサボってしまいました。やたら痙ります。持病が悪さしているのか原因不明・・・。忘年会シーズン到来につき酒量が増えてます。汗汗 週末は特に予定もなく、久し振りに拙宅六畳間の定尺++鉄道に車両を並べました。平日は無線三昧なので、休日は少しでも無線機から離れたい・・・ww

夢の共演・・ww

 予定していた第二期工事の着工が遅れており、未だ機関区+ヤードの建設が進まない状況です。未解決の用地確保について、家族の同意が得られないのです。トホホ そもそも屋根上の巨大なデルタループにしても、家内SWRが3(レッドゾーン)まで跳ね上がり、もはや正常なコミュニケーションが取れません。ハイ、全て小生の不徳の致すところであります。6畳一間の先にはテラスがあり、この部屋を通過しないと外に出られない構造です。小生のシャックからもテラスへアクセス可能なはずですが、数十台の無線機が積み上がり、足の踏み場がありません。「聖域」につき“入室厳禁”としております。ww 従って6畳一間の方は宅内共有部分ということです。テラスへの通り道を塞ぐ、巨大なジオラマの増殖を許してくれるはずがありません。そこで、増設部分を着脱式にして、友人を招いての運転会の時だけ使用する様にしようと考えています。そもそも時間が無いので実施は半年先かな? そんな訳で、週末の深夜は「宅内 BAR パノラマ」状態、芋のお湯割りでしんみりと旅情に浸っております。


FT-757GXドライバ段交換

電源投入–OK

 注文していたドライバ用のパワートランジスタが届きました。週明けになると思っていましたが、Fedexの特急便により注文から僅か3日で米国より着荷であります。国内の業者よりスピーディーですなぁ。そんなわけで、金曜日の最終作業で交換実施しました。事前に故障したトランジスタは外してあったので取付作業だけです。トランジスタを外した状態で電源が投入できるかチェックしていますので、ココは問題ナシです。

 

 

Fedex イイ仕事してます!!

シリコングリースを塗って・・

交換完了!!

PTTが効かない ココが故障してる!

送信できない!!

 装着状況を確認し、基板を元に戻しました。リード類も元通りに繋いで電源を投入、スピーカーからは正常にノイズが聞こえています。ドライバを交換しているのでパワーチェックしないといけません。CWにしてMOXを押しましたが、送信に切り替わりません・・・。「ジャンパでも外れてる?」本機のPTT回路はPAユニット内に集約されていますので、きっとリードの接触不良かなにかかと思い調べて行くと、PTT回路のキーダウン・トリガを+電位に変換するロジック回路が落ちていました。恐らくICが壊れています。ドライバの故障とも関係しているかもしれません。PTTはGND短絡でゼロ電位になることをトリガーとしており、この状態から送信回路ON+受信ミュート状態に移行させるためのトリガー変換を行っているのがMC14011Bです。論理回路を使用してトランジスタSWのベースバイアスを出力していますが、2SC458Dに掛かるはずのバイアスが出てきません。入り口側はPTT ONでゼロ電位になってます。Vinがゼロになった際にVoutに電位が現れるはずですが、全く無反応です。CMOSですから壊れやすいICであることは確かです。ドライバ段がすぐ横にあるため、故障を誘発した可能性があります。後ろのトランジスタSWは小電力のNPN(2SC458D)と大電力PNP(2SA1012Y)により構成されています。NPNにバイアスが掛かるとコレクタ=エミッタが繫がります。すると、PNPのベースがGNDに落ちるため、コレクタからエミッタに電流が流れ始める仕組みです。受信ミュートは、3段あるロジック回路の中断(PTT ON時にGND短絡)に繫がっています。それぞれ、テスターを電流計モードにして意図的にGND短絡状態を作り出したところ、正常に送信・受信が切り替わりました。MC14011B故障で間違いありません。流通在庫が確認できましたので数日内に届くと思います。


TS-520 のその後

 基板修復、接点復活、劣化ケミコン交換にて、一応動作状態を確認しています。AGCについては未だに症状が再現できません。エージングされて直ってしまったのでしょうか? 一通り調整しましたが、12BY7Aの出力がやや低い状況です。念の為新品の偶に交換してみます。担当エンジニアが写真を撮影し忘れたため、後ほど追記にて写真掲載させて頂きます。


NRD-515 について

ドナー機の方が調子良いかと思いきや・・

 お待たせして申し訳ございません。未だ部品が届きません。取りあえず、ドナー機もお送り頂きましたので、出来る作業から進行させております。少々お待ちください。因みに、ドナー機を検証中ですが、こちらの方が調子良いです。こちらを温存させた方がコストが掛からない気がします。如何なもんでしょうか・・・

 (追記:2017/11/27 22:00)ダメでした。OKな周波数もあるのですが、ところどころPLLアンロックしちゃいます。どうやら2nd Loop側に不具合があるようです。そうなると、故障箇所特定済の故障個体の方が工数が確定できますね。と言う訳で、例のICを移植しちゃいました。ご報告は後日改めて。

今後の修理予定について

 大型機鎮座しております。FT-1000、FT-1021、FL-7000です。デスクの天板が撓ってる・・汗 さぁ、力仕事の始まりであります。少々停滞中でありますが、一週前と進捗に変化がありませんが、前の3台がスタックしております。ご了承下さい。発送予定をお知らせしている場合は、その期日(週)にお送りください。翌週予約分が到着してしまいますと順番が後回しになります。

  1. NRD-515
  2. TS-520
  3. FT-757
  4. FT-1000
  5. FL-7000
  6. その他の無線機など

 今週も宜しくお願い致します。

Tagged with →  

コメントを残す