お盆休みが始まりました。小生は本日よりお休みを頂いております。修理は1ラインのみ稼働中ですが、お問い合わせの対応には少々お時間を頂戴しているようです。この時期はメーカー・サプライヤーともお休み、部品調達も来週以降になるため、実質開店休業状態です。

ピナレロを屋根に載せやってきた

 一昨日の深夜に横浜を出発、東名〜圏央道〜中央道を経由して八ヶ岳の麓、道の駅“南きよさと”に到着したのは日付が変わる頃でした。北杜市に入った頃から大雨が降り出し、道の駅でのテント・ビバークは断念。駐車場内で車中泊を決め込みましたが、駐車場内は半分くらい埋まっています。即ち同じ穴のムジナが大勢いるということ?。土砂降りの雨なのでサンルーフはおろか窓すら開けるこが厳しい状況です。エアコンを付けっ放しにするより術なし。当然エンジンも回しっぱなしにせざらるを得ず、残燃料を気にしながら朝まで過ごした次第です。5時過ぎには雨も上がり、鳥の囀りとともに蝉が鳴き始めました。高原の朝です。何かがフロントガラスに当たりました。デカイ虫です。ナント雌のカブト虫でしたぁ。

 

道の駅で朝を迎える

フロントガラスに着地した物体の正体は!

野辺山と言えばJR線最高点!

JR最高点から野辺山駅方向を望む

キハ110がゆっくり登ってきた

田宮二郎の“高原へいらっしゃい” の頃はキハ11?

小室等の“おはようの朝”・・・懐かしい(涙) 八ヶ岳高原ヒュッテ(現八ヶ岳高原ロッジ)は今も健在。

野辺山宇宙電波観測所を訪問

10m径ミリ波干渉計(80GHz〜230GHz)

 7時になると朝市も開いて、高原野菜や果物などが並び始めました。コールマンのポケットバーナーで沸かしたお湯をドリップコーヒーに注ぎ、持参したサンドウィッチで朝食。9時過ぎに道の駅を出発して野辺山へ、“電波の聖地”「国立天文台野辺山観測所」のパラボラアンテナ群を拝みに行きました。30数年前に訪れた際には見学コースなどなく、勝手に敷地内に入って大小様々なアンテナ群の直下まで行けた記憶があるのですが、今は見学者用の駐車場まで用意されています。30年前に拝んだ45m径(1GHz〜150GHz)ミリ波電波望遠鏡は今もなお健在。これはカセグレン変形クーデ方式と呼ばれるアンテナで、アンテナを傾けた際に自重でパラボラ鏡面が変形しても、自動的に位相補正して反射効率を維持する仕組みを備えるアンテナです。使用しない時は写真の様に上を向いて歪みの発生を防いでいるそうです。そして、この電波観測所の主役といって良い、ミリ波干渉計アンテナ群を構成する10m径の移動式パラボラ6基。(現在は1基のみ稼働中)こちらは80GH〜230GHzでパラボラを移動展開させることで、6基合計のゲインは600m径のパラボラに相当します。ミリ波干渉計としての役目はチリのまた、名古屋大学が管理している電波ヘリオグラフ(1.8m径の移動式パラボラ85基で構成)は太陽表面を画像化できる装置で、1秒20回の周期で85基のアンテナを走査します。その他、三鷹時代の140MHz電波望遠鏡の20エレ×16パラや、200MHz電波望遠鏡などもあり、電波小僧にはたまらん場所であります。ちなみに、観測所内はスマホの電源はオフ、、、。電波を出す全てのデバイスの電源は全て切らねばなりません。研究員もスマホは使えないのか・・・?? 。そういえば、野辺山周辺にアマチュア局のアンテナが見当たらないのは、電波観測所があるからでしょうか。誰か知っていたら教えてくださいな。

45m径電波望遠鏡(ミリ波世界最大)

天を仰ぐ巨大パラボラ(1GHz〜150GHz)

銘板に威厳を感じる・・・

“墓地”??

85基の80cm径電波ヘリオグラフ(17GHz、34GHz)

実は可愛いアンテナだった

EME用かと思いきや・・140MHz電波望遠鏡

勉強になりましたぁ

後ろ姿も凜々しいパラボラ群

お世話になりました!


 

 

自転車で移動開始!

自転車で軽井沢駅南口に到着

 一萬里温泉ホテルに一泊しましたが、ここでハプニングに遭遇。クルマのサンルーフを閉め忘れ、深夜の大雨で車内は水浸。やっちまったーー。この話は後日改めて書きます。宿に着いた後、軽井沢まで約20km自転車で走りました。途中何度かスコールの様な雨に見舞われましたが、チャリ乗りには有難い恵の雨です。そんなわけで、このブログは軽井沢プリンス・アウトレットのカフェからiPadで書いてます。リウマチ性多発筋痛症のせいで首が回りませんが、自転車走行は基本的に大丈夫そう。

(追記:2017/08/15)

 “サンルーフの閉め忘れ”で制御パネルに浸水、開け閉めが出来なくなりました。ナビにも「サンルーフ異常」のアラートが出てます。レンチを突っこみ手動でサンルーフを閉めました。

今後の修理予定について

 冒頭でも触れた通り、ラインは稼働中ですが、かなりマッタリモードです。世間並みの夏休みなのでどうかご理解ください。現在FT-1021Xがラインに上がっているとのことです。

  1. FT-1021X
  2. IC-1271
  3. IC-729
  4. IC-R7100
  5. FT-680
  6. RJX-601
  7. IC-820

 以上の順番になっております。(修正加筆:2017/08/18)

4 Responses to 週明けです。【2017/08/14】

  1. jl1fnb より:

    懐かしいですね。高原にいらっしゃい。いまは亡き田宮二郎 白い滑走路 も良かったですね。
    FLAP 20 ではじまるんですよ。巌さんも御出演でしたね。

  2. 山本 隆 より:

     「高原へいらっしゃい」見てました。懐かしいですね。ストーリーもですが、やはり舞台となった八ヶ岳高原ヒュッテが存在感ありましたね。その後就職してから高原ロッジ(値段の安い方)に泊まった際、内部を見て来ました。こんな別荘を持ってたら良いな~と思ってました。
     オープニングで小海線の列車が右に曲がって行くのは小淵沢を出たところの土手の大カーブですね。ここや境川鉄橋にC56の写真を撮りに何度も行きました。夜行日帰りで朝から暗くなるまで撮影してたんですから、今考えると信じられない熱の入り方でしたね。

    • jg1bvx より:

      山本 さま 
      コメントありがとうございます。そうそうC56(ポニー)でしたね!。あの3軸テンダーが可愛い機関車でした。

      > オープニングで小海線の列車が右に曲がって行くのは小淵沢を出たところの土手の大カーブですね

      はい、その通りです! あの坂を上がり始めるとディーゼルカーがクルマのATキックダウン時の様に回転数を上げてたのを覚えてます。

コメントを残す