二子玉日記

週明けです。【2017/02/13】

 おはようございます。冬晴れの横浜地方は霜が降りてます。BD-1は純正よりも細いタイヤに履き替え摩擦抵抗を下げています。ペダルは軽くなりますが滑りやすくなっており、冬の朝は要注意です。今朝も凍った路面に気付かず転倒寸前・、所詮折り畳み自転車ですな〜〜。

川崎市内のトワイライトゾーンへ

 週末は倅と鉄分補給・・というか、レイアウト制作のネタ探し?。貨物テツな我々は、川崎貨物駅〜新鶴見機関区を尋ねました。川崎貨物(旧塩浜操車場)は敷地が広いため、電車(京急 小島新田下車)で行くと廻りきれません。我々はクルマで第三京浜(港北)〜首都高(大師出口)経由で現地へ。倅はEL・DLが目当てですが、小生は「トワイライトゾーン」探訪です。かつて、京浜工業地帯には引き込み線や貨物鉄道の線路が引き巡らされ、DD13ベースの私有機が専用線を往き来する姿がみられました。特に鶴見線や南武支線の先に繋がる専用線はまるで毛細血管の如く、工場や米軍敷地内に引き込まれており、荷下ろしを済ませた貨車の入替は作業員が手押しで行う光景もみられました。・・・というのは約40年前の話。当時、中学生だった小生は、ペンタックスMEにSMC 50mm/F1.7を首からぶら下げ、この界隈を行ったりきたりしていたものです。久し振りに訪れた川崎貨物駅は様変わりしていました。周辺のフェンスから覗くまでもなく、殆どの敷地がトラックの荷下ろし場と化しているではありませんか・・・涙 かつて2軸のワム80000だらけだっだターミナル内に見えるのはコンテナの山と荷扱いのトラック。神奈川貨物鉄道側にタキ編成が数本留置されているのが見えました。JOTや東燃ゼネラルの事業所があるのでタンク列車は健在、南松本〜川崎貨物の定期列車も多数設定されているので安泰ですね。タキの奥にはJOT所有のコンテナも大量に積み上げられていたので空コキ群も居そう。昔の貨物駅と言えば、スイッチャーが2軸貨車をハンプに押上げ、カーリターダー(もはや死語)に転がす様子が最大の山場だったんですけど。神奈川貨物の方に廻ってみると、タキ43000とタキ1000の補修をやってました。このエリアは国鉄時代から修繕場がありました。

JRF川崎車両センターの奥で見つけたスイッチャー(10t機?)

 奥にJRロゴのついたスイッチャーが見えます。ハーフ・キャブの10t機でしょうか? 丁度、川崎貨物駅の場内と修繕場の間を(川崎区塩浜4丁目付近)神奈川貨物の千鳥線が突っ切る辺りです。“富士デベ第一踏切”と書いてありました。こんなスイッチャーを拙宅のレイアウトにも走らせたいなぁ。30年前に当地を訪れたときには、川崎車両センターに接した道路の反対側の町工場でアントのハーフキャブが分解・整備中だった光景を覚えています。その工場は運送会社の倉庫に変わっていました。千鳥線の先に千鳥埠頭や東亜石油、昭和電工の各事業所があり、石油類やケミカル類の専用列車が往き来するほか、千鳥埠頭から陸送される京王電鉄やメトロの電車が甲種輸送されて行きます。iPhoneしか持ってこなかったことを後悔してます。こんどチャリで訪れてみよう!! 最近メトロに入った銀座線の新1000系もココを通ったのかな? 

レイアウトの港湾部 EH200は似合わない!後ろのBトレも(怒)

 その後、大師のホームセンターで昼食をとり、新鶴見機関区経由で帰宅。機関区の情景を観察して参りました。実は、拙宅レイアウトの第二期工事は、貨物ターミナルと機関区の整備であります。現在のレイアウトに1800mm×600mmのスペースを追加し、客車11両、コキ12両、タキ16両を真っ直ぐ留置できるヤードを10本に、小生と倅の所有機を収容可能な機関区を整備するのが、目的であります。

 余談ですが、実はRJX-610(免許機ですョ)とCB機(RJ480D)を持参し、川崎埠頭からチョコッとQRVしました。CBは付近に強烈なノイズ源があり、全チャンネルともビートに覆われ受信不可・・・。何故か6mはノイズが少なく、日の出村の移動局、大山の移動局が聞こえました。何局か交信しましたが、倅が急かすので早々に撤収です。

HX-640 の修理を継続

 2SC1971待ちだったHX-640の修理続行です。ラボの荷受けにDHLの袋が届いていました。最優先にて作業を進めます。ファイナルに使用されている2SC1969のジャンク品があったので、2SC1971と交換し、その他の箇所の動作確認は終えています。気になったのは反射波センサーの離調です。21MHz、28MHzでHi SWRワーニングが点灯します。殆ど出力されていないのにコレが点灯するのはどう考えても異常です。微調整は2SC1971に交換してから行うとして、各周波数の局発も微妙にズレていました。他は問題無さそうです。本日はココからスタート。本日中に完了・テストまで行けるでしょう。FT-736についての検査結果はEさん担当ですので、明日の号でお知らせできると思います。TS-670はHX-640の出場後になります。

ダイオード? 21MHzと28MHzでワーニング点灯
クリコンの局発ズレを確認

 因みに、クリコンの調整はVFOと一緒です。本機は50MHzからダウンコンバージョンされますので、ハイエッジはコア、ローエッジはTcを回して追い込みます。(この意味わかりますよね?)ミキサーの後ろは段間結合コイル2段が入っているので、バンド特性を考慮しながら調整しました。こちらは2SC1971交換の前に作業終え!! 

  1. HX-640 送信不可能(交換部品到着)
  2. FT-736MX
  3. TS-670
  4. TS-790
  5. その他の無線機など

 今週も宜しくお願いします。

Exit mobile version