サイトアイコン 二子玉日記

デルタループをグレードアップ!!

 昨日の横浜地方は、低気圧接近前で冬晴れの晴天に恵まれました。例のデルタ・ループの本格設置作業を決行! 前回はデルタループの性能確認を目的としていたので、両端マストから横出した釣竿ブームに引っ掛けるだけの簡易的なものでした。今回は6.3mの竿を使って本格的なデルタ・ループに仕上げようと思います。 使用した6.3mのグラス竿はラジオ・パーツ・ジャパンさんから購入しました。ネットで検索したのですが、ココ以外で6m級のグラス竿を入手できるサイトは見つかりません。2本で 4,760円(送料別)です。従いまして空中線レイアウトは天辺約7m斜辺約5mを廃止し、天辺約5m斜辺約6mに変更することになります。鋏角も約100度から90度に変更しました。

完成した改良デルタ・ループ トップが約5mアップ

 7段ロッドの先端部分、約50cmを自己融着テープでワイヤーを固定、その他の部分は結束バンドで締め上げました。ベース部分は小型のデベマウントを2個使用し、32m径のパイプに竿を固定しています。この方法ですと、鋏角の調整できるので、ATUが追い込み難い周波数のインピーダンス調整が可能となります。よくある板固定式の基台でもよいのですが、何より工作が不要で取付後に角度調整が可能という点でオススメです。しかもデベマウントは軽量かつ頑強です。ATU(CG-3000)は写真の様に取り付けました。32mm径のパイプは、衛星受信ANT用のベランダ金具にデベマウントで固定しました。

給電部付近 32mmパイプはベランダANT金具にデベマウントで固定 メンテナンスも容易になる
32mm径のアルミパイプにATUと竿を直付け
デベマウントで竿を固定 角度も調整できFB

 斜辺と天辺の折り返し部分は角度がつかなくなり、理想的なループアンテナとして動作します。今回の改修により、天辺エレメントが約5m嵩上げされ、斜辺部分も含め屋根上にしっかりと出っ張るようになりました。全バンドで受信性能の向上が確認できた他、送信性能に於いても7MHzで6エリア、5エリアの常連局からSで2〜4程度の上昇とのレポートを頂戴しています。特に14MHz〜24MHzの性能向上が著しく、DX局が数多く入感するようになりました。

 今までは斜辺部分と構造物の距離が1.5mでしたが、改修により2.5mほどセパレーションを確保できたことで構造物の反射が少なくなり、ノイズも多少減ったように思います。

 総重量はATUを除けば1200g+エレメント・ワイヤ重量のみですので、大きさとゲインを考えれば十分すぎるほど軽量です。因みにエレメントはサガ電子のPESUS-22を使用しましたのでワイヤ重量などは気になりません。これなら小型ローテーターでも十分回せるでしょう。

 

建造物から約2.5m離したところノイズが減った

 制作費はATUを除けば、ホームセンターで購入した32mm径1mのアルミパイプ1,200円、既出のグラス竿2本で 4,760円、・ワイヤ PESUS-22 が1,836円、デベマウント32mm×32mm 計3個 で6,420円(何れも送料別)、合計14,216円でした。
 ATUの使用が前提ですが、本格的にタワーに載せてもOKだと思います。

 

【追加資料】

結束バンドでワイヤを固定
Tags: , ,

Related posts

モバイルバージョンを終了