サイトアイコン 二子玉日記

東急8090系がいよいよ終焉を迎える

 当ブログでも度々お伝えしてきた東急8090系が東急線内での運用を終えようとしています。8090系は旧5000系由来の下膨れ顏で、東急電車の決定版と歌われた名車です。 東横線の急行専用車として華々しくデビューしましたが、みなとみらい線との直通運転が決定して以来、正面非貫通形状の同形式は早々に大井町線へ転属。M車比率を上げた貫通形状の派生形式8590系が東横線に配備されました。以後、長きに渡り大井町線の主力形式として活躍してきました。副都心線との直通運転開始にともなって転属してきた9000系による淘汰は数年前から始まっており、余剰となった車両の多くは秩父鉄道に売却されています。

FINAL RUN HMを掲げる8081F クハ8082号

 

 30年前、日吉の高校生だった頃、この電車に当たると嬉しかったことを鮮明に覚えています。7連で颯爽とデビューし、直線的なイメージの東急電車のイメージを一新。斬新なデザインの8090系は、バブルに向かう時代背景もあり東急線のイメージアップにも多いに貢献しました。大きな全面3枚窓と乗務員室の仕切り窓によって前方展望も良好。高運転台の8500系や8590系よりもファンには好評でした。(ページ2へ続く)

8099Fにも両端に異なる意匠のHMを掲出。クハ8080号 他5連
下膨れ顏 = 東急電車のDNAデスよね。二子玉川に到着した8099F

 

 派生形式の8590系も終焉を迎えており、大井町線に残るトップナンバーの8691Fの他、田園都市線の8694F、8695Fの去就にも注目されます。

Related posts

モバイルバージョンを終了