今年は雨続きのGWでしたが、こどもの日の昨日は見事に晴れ上がり、絶好のサイクリング日和となりました。小生は自宅のある二子玉川から多摩川左岸河川敷を上流に向け出発。二子橋から多摩水道橋に至る約6km(往復12km)のコースです。

【試走コースについて】

 教習所裏の野川サイクリングコースからコースイン、吉沢橋を超え玉電道を少し入ったところで多摩川土手にでます。この辺りは1969年頃まで東急玉川線(玉電)砧支線が走っていた場所で、吉沢橋の欄干には玉電デハ70形のイラストが描かれています。

走行コース

img_0618-300x225

 世田谷区サイクリングロードの起点付近から下流方の眺めこの辺りは世田谷区がサイクリング道を整備していて、とても走りやすい区間が暫く続きます。東名高速の橋脚付近の河川敷には警視庁交通機動隊の訓練所があって、時折パトカーや白バイが、アクション映画さながらの走行(勿論、訓練です)で、白煙を上げる場面を見ることができます。丁度、昨日は白バイ隊員の競技会(?)らしき催しが行われていました。

 

 

【白バイのお巡りさん、やっぱりメッチャ上手い!!】

img_0619-300x225 左岸沿いに東京都水道局の砧浄水場辺りを進むと、河川敷内に映画撮影用特殊車両(パトカー、装甲車、バスなど)の保管場所が見えてきます。そこから少し上流が世田谷区サイクリングロードの終点です。

 この先は土手が整備されていないので、堤防下の一般道を進みます。丁度この辺りは有名な「岸辺のアルバム」の舞台となった地域(狛江市)です。宿河原堰付近で一般道路が行き止まりになるので、土手上に上がるのですが、この辺りは未舗装なのでロードバイクは走行は要注意!。以前、丸子橋上流の河川敷を走っていて新品チューブを見事にパンクさせた経験があるので、ここは自転車を降りることにしました。(数百メートル)狛江市営のテニスコート付近から先は何とか走行できる状態ですので、再び自転車に乗ります。暫く走ると小田急線の多摩川橋梁が見えてきます。この辺りは一般道が土手上を通っているので再び舗装路です。折り返し地点の多摩水道橋はすぐそこです。

【ココまでのインプレッション】

img_0628-300x225

多摩水道橋(世田谷通り)から下流方の眺め

  万遍なく全段を使用して走行していますが、ギアチェンジは極めてスムースです。特にフリクション改善の効果が大きいようで自転車が軽く感じました。KMCチェーン時はトップ辺りにガサガサ感がありましたが、それも全く感じません。スタート加速時も体感で1kgくらい軽くなったようなフィーリングです。

 

 

 

【復路、多摩川右岸】

  多摩川水道橋を渡り川崎側へ入りました。ここから右岸沿いに進みます。川崎市は早くからサイクリングロードを整備していて、二子橋までの区間は連続舗装路となります。GW中なので河川敷でBBQを楽しむ客が多く、サイクリングロード上にも歩行者が溢れているので走行には注意を要します。 

img_0630-300x225

本流脇の小さなワンド、釣れそうだな〜〜〜

  宿河原堰まで下ってきました。堰堤脇の広場ではイベントが行われ、大きな鯉のぼりが泳いでいます。都心近郊でこんな見事な鯉のぼりは珍しいかな? 降り続いた雨の影響で多摩川は大増水。堰の洪水吐きは全開状態で、大量の水が轟音とともに流れている様は迫力満点でした。この先はフラットな舗装路が続きます。少しトラクションを増やしてみます。

 

 

 

【カーボン・コンポジットとの相性】

img_0634-300x225

宿河原堰の鯉のぼり

  フリクションが大幅に改善され、初めて本来の乗り心地を体感! 以前のCannondaleとフレームサイズは、ほぼ一緒です。Cannondaleの方がコンフォート寄りのジオメトリーでホイールベースが3cm程長くなっていました。この為長距離走行でも疲労が少なく、極めて安定した走りです。ところがPINARELLOのFPカーボン(30HM12K)は振動吸収性に於いて優れた特性をもっており、短くなったホイールベースを全く感じさせません。ダンシングするような加速でも適度に撓る感じがあります。脚力の強い選手が跨がった場合には違ったインプレッションになるかも知れませんが、アマチュアサイクリストがロングライドするには最適な剛性感ではないかと思いました。因みに、KMCチェーンの方がダイレクトにトルクがトラクションに変わる感じがありましたが、ULTEGRAチェーンはややコンフォート寄りなのかもしれません。ロングライドには後者が向いていると思います。 

【往復12kmを軽く流した感想】

 元々コンフォートバイクが好みなので、名実共にフルULTEGRAコンポーネント化されたQUATTROは正にファンライド仕様に生まれ変わった気がしました。恐らくエンデュランスやヒルクライムもこの仕様が適していると思います。タイムそのものを競うようなレースにはやっぱりフルDura-Aceがいいんでしょうね。

img_0635-300x225

昨日まで降り続いた雨の影響で大増水の多摩川

おわり

Tagged with →  

コメントを残す