おはようございます。関西から戻って参りました。一昨日は大阪市内で打合せ後一泊、昨日は朝から京都へ(プライベート)。京都駅で倅と合流して、京都鉄道博物館を見学した後は四条大橋近くの鴨川べりで川床で食事、祇園を散歩し・・・20:25分京都発の“のぞみ”でRTBしました。

 時間があればもう一泊したいところです。いやはや体中が痛くて、どうにもなりまへん。ロキソニンが切れると油の切れたクルマ状態です。「8時間以上あけろ!」と言われますが、クスリが切れて飲み直しても、効いてくるまでに一時間以上要するため、この狭間は痛みがMAXです。汗汗 土曜日朝一で主治医に相談に行く予定ですが、ステロイド以外の選択肢について相談してこようと思っています。ネットで調べたら“副作用”が多すぎて、出来れば避けたい・・・。既に日常生活にも支障をきたしているので、他に選択肢が無い場合は治療を開始せざるを得ません。「まいったな〜〜〜・・・・」 今はロキソニンが効いてます。写真は祇園・先斗町界隈のスナップです。久し振りの先斗町でしたが、お店がかなり入れ替わりましたね〜〜〜。ちょっと寂しいなぁ。

先斗町

祇園の甘味屋へ

まだ紫陽花が咲いていた

白川橋から疎水を眺める

FT-301S 正式にC/O!

 出張前に作業を終え、負荷テストを他のエンジニアに任せて出てきました。故障箇所が多岐に渡っていたので、通常よりも眺めにテストしてもらいました。一応総括しておきます。

【ご依頼内容】

 1)送信できない
 について、修理ご依頼を賜りました。

【症状・処置について】

上記1)について、症状を確認しました。送受信とも不可能です。
故障箇所が多岐に渡っており主原因はハッキリしませんが、以下の箇所の修理を要しました。

(1)IF出力異常 送信IF段のRFオペアンプが故障しており、出力していません。(送信不可)
(2)ローカル/VFO MIXの出力がありません。RFオペアンプ・トランジスタ・水晶が故障しています。(送受信不可)
   7MHz / 21MHzの水晶が使用不可能でしたが、7MHzについては電極磨き出しにより機能回復しました。
(3)送信リレー制御のトランジスタが故障しています。(送信不可)
(4)BPF、µ同調回路等の各バンド同調Tc、コイルが全て離調しています。(送受信不可)
(5)CW Key ジャック接触不良につき、3.5mmジャックの交換を要します。(CW使用不可)
(6)各SW、リレーの接点不良(カーボン附着)が多発しています。(要洗浄)

 以上の修理を実施しましたが、21MHzにつきましては、お客様のご都合により水晶交換を実施しておりません。
従前にご説明しました通り、正常な水晶を装着状態での調整が必要な為、こちらにつきましては作業は行っておりません。
水晶が装着されていない1.9MHz、21MHzを除き、送受信とも正常な状態であることを確認しました。

 上記に付き、12時間以上の連続負荷テストを実施し、仕上がり状態に変化がないことを確認しております。

JST-135 ディスプレイユニット不具合

 週明けから本格的な作業に入っています。LR3671Dなる周波数制御ICの不具合ですが、IC交換前に他の箇所の異常がないか詳しく検査しているところです。交換予定のICについては、詳しい動作状況を比較できるようにするため、ソケットを履かせることにしました。ラボ内に在庫が無いため取り寄せに少々時間を要しましたが、昨日着荷とのことです。こちら、本日中に検証が終わる予定です。貴重なICですので無駄にならないように作業を進めたいと思います。

ジャンパ〜全バラし

どこだっけ?

コレだ!

周辺の波形も隈無くチェック

 また何かありましたら、追記します。

 

 

Tagged with →  

コメントを残す