おはようございます。7月から隔日投稿に切り替えたのですが、連休などで月曜日がお休みになった時は、火曜日=週明け号、水曜日=レギュラー号として書こうと思います。臨機応変な対応ってことでお許し下さい。本来趣味の徒然日記のはずが、いつの間にか義務化してます。

 連休明けから、どうにも体調が優れず関節も痛みます。赤焼けし熱りも激しいのですが、どうやら軽い熱中症の様です。アイスコーヒーはやめて今朝はイオン飲料を側に置きながらの作業です。昨日は局地的な大雨と雷が鳴り響き、昼のエクササイズはお休みしたので、21時過ぎから10kmほど軽く走ってきました。今回はID-51のラージ・バッテリーを装着しましたが、数回ベルトが外れました。やはり、標準バッテリーでないと厳しいかもしれません。今夜は標準バッテリーそう装着して走ってみることにします。昼の日差しは厳しすぎますなぁ。

JST-135 VFOダイヤル機能せず

IC12が全く動かず

 こちらは「エンコーダー故障?」とのことでお預かりした個体です。ご連絡頂いた内容からPLLアンロックなども疑いました。確認してみるとキーボード操作で周波数を制御可能でした。SSGから適当に信号をいれると受信することも確認しました。即ちPLLは生きています。エンコーダーの不具合は “周波数飛び” など、少しずつ症状が出始めるので、突然全く動作しなくなるというのは解せません。フロントパネルをバラして、エンコーダーから出ているパルス・トレーンにオシロを充てたところ、エンコーダーのノブの回転と共にパルスが出現しました。パルスジェネレーターは正常です。ブロック図をみると、IC12(LR3671D)を介してIC1に入力されます。キーボードはIC1に直接入っており、エンコーダー以外のボタン制御は正常に動作します。IC12の出力が確認出来ません。このLR3671DはJRCの業務機に使用されているメーカー特注品です。一応、アフター・マーケット用の別品番が存在しますが、何れも流通在庫を確認できません。残念ながら全くお手上げ状態です。JRC製無線機はこのICが壊れてしまうと、もうどうにもなりません。(>_<) 

エンコーダーのパルスは正常

エンコーダーのパルス

 キーボード操作には反応しますので、マイクのアップダウン・キーやPC(CAT)経由であれば使えると思います。誠に不本意なお返事となりましたこと、ご理解頂きたく存じます。貴重な“日本無線”謹製 JST-135 ですので、ジャンク機などが出てくることを祈るばかりです。

Tagged with →  

コメントを残す