おはようございます。涼しい朝を迎えましたが、天気は晴れです。これからお天気が崩れ始めるとのこと。いよいよ梅雨入りでしょうか・・・。お腹の傷も目立たなくなってきたので、昨日からプール通いを再開しました。自転車で往復1時間のところです。BD-1の時には結構しんどいと感じた登り坂もロード・バイクならアッという間。

怪しいオヤジがロードに跨がってます・・・汗

 ロード・バイクの場合、SPD-SLかLOOKを装着されている方が多いでしょう。小生は昔からSPDを使ってます。どちらかというとMTB系のペダルですが、SPDの方がカジュアルなシューズをチョイスできるので、普段使いも考慮しこちらにしています。以前はULTEGRAグレードのペダルを装着していましたが、今回はBD-1納車時に装着したWellgoのQRD-W44Bを移植しました。コンパクトでロードにもマッチします。ワンタッチで脱着できるため輪行時に便利。片面がフラぺになっているので、SPDビンディングを装着していない靴でも乗れ、チョイ乗りにも最適です。因みにSPDが使えるロード用シューズは本家シマノの他、MAVICからもリリースされています。小生はシマノシューズを10年ほど愛用しています。街乗りの時はSPDビンディング付きのサンダル(KEEN)がラクチン。短パン+Tシャツのスタイルに半キャップというのが定番スタイルであります。VITTOLIAのカジュアルシューズは、ジーンズやチノパンに合います。

wellgo QRD-W44B Compact Quick Release Pedal ( フラットペダル ) ウェルゴ QRDW44B コンパクトクイックリリースペダル

wellgo QRD-W44B Compact Quick Release Pedal ( フラットペダル ) ウェルゴ QRDW44B コンパクトクイックリリースペダル

左から“サンダル”・“カジュアル”・“レース”

シューズのSPDビンディング側

フラットペダル側

SPDビンディング側

ワンタッチで脱着

今日はサンダルで・・・

335i 不調再発・・・しかし

 自転車の次はクルマの話・・・。「あ〜忙しい」ww 例のワーニングがまた点きました。東京音楽隊のミニ・コンサート終了後、その足でディーラー入りしました。ダイアグノーシスの診断結果は「3番・4番シリンダーのミス・ファイヤー」とのこと。原因はイグニション・コイルかインジェクターではないかとのことです。ディーラーにクルマを預け、台車の116iで帰宅しました。このクルマ踏んでも踏んでも一向に加速しません。ワーニングが点いても335iの遥かに走る・・・。当たり前か。翌朝連絡が入り、「インジェクター・コイル・プラグともに問題ナシ」とのこと。80kmほど高速道路でテストしたそうです。いったい何が起きているのか・・。高圧ポンプも元気みたいです。ECUリセットして勝手に直ったかのか。“原因が判らない以上、戻すわけにはいかん”というのがディーラーの見解でして、金は掛かるかもしれませんが、やはり正規ディーラーに任せようと思いました。仮にインジェクター交換となると、1本66,000円×6(気筒分)ということになり、これに工賃が掛かるので50万コースです。やはりRX450hにジャンプか・・・。家族と話し合った結果、335iと心中することに決定。そんなわけで憂鬱なプライベートの一週間がスタートです。

今後の修理予定について

 スケジュールは完全に回復しました。予告よりやや早めの作業進行(1週間程度早め)です。既にラボに到着している個体から優先に拝見します。只今、6月第3週予約の方まで、着荷受付可能な状態ですので、申し込み済でお待ち頂いている方は修理品をお送りください。

  1. TM-833
  2. TM-211
  3. IC-375
  4. TS-50
  5. その他の無線機など

 IC-375は別件ですね。本当に常連です・・・w。今週も宜しくお願いします。

Tagged with →  

コメントを残す