おはようございます。今朝も春らしい暖かい朝です。カメラ片手に近隣を散歩してきました。サクラはまだ五分咲きです。東京は既に満開だそうですが、拙宅のある横浜北部は例年にこんな感じです。地元の花見のピークは今週末でしょう。お天気が保つと良いのですが。

 近くの公立中学校のソメイヨシノをパチリ。何だか寂しいな〜〜・・・。早朝ならヘンなオジサンと間違われる心配がありませんけど・・。汗 自転車で近隣1キロを回ってきました。今宵はアマチュア無線界のプチ宴会に出席予定です。深い〜〜夜になるかなwww。最近体調が優れないので、酒量は控えめにしなければ。

 

IC-375 調整 (後編)

 昨日に引き続きIC-375のOH作業の後半の模様です。今日は主に送受トラッキング調整です。まず本機の調整で気付いた点ですが、TCXOがかなり劣化しています。“FMセンター出し”のご依頼がございましたが、コールド・スタートから起動後30分程度でFMの周波数が400Hzもズレます。本機のOSCは3MHz台で、これを×10、×2でもって60MHz台の1st LOを生成しています。即ちOSCの僅かな変動が20倍にもなって目的目的波に影響を及ぼします。暖まりきれば安定しますが、電源投入から暫くは不安定な状態が続きます。TCXOならメーカー在庫があるかも知れません。一度ご相談されては如何でしょう。受信相手の周波数が転けるのでは無く、自局がズレることでセンターが動いてしまいます。

-107dBmでチューン開始

RF→IFトラッキングで針が振れ始めた

FMセンター・メーターの規定電圧(高め)

規定値の3V誤差範囲内に調整

センターメーター調整開始

センター OK

FMデビエーション調整 ±4.8KHz/1KHz/20mV

1KHz/20mVをマイク端子から入力

キャリアサプレッション調整

調整完了

 受信感度は少々低めでした。RFはある程度調整されていましたが、IFがガタガタです。こちらSスケールで2~3改善しました。コレにともないS感度も校正しています。

 FMセンターは冒頭でもお伝えしているとおり規定値に調整していますが、リファレンスOSCがドリフトするためコールド・スタートから暫くは安定しません。こちらは規定電圧3Vに調整後にセンター調整を実施しています。

 FMデビエーションはマイク端子から1KHz/20mVを突っ込んでマイクゲインをセンターにした状態で±4.8KHzの周波数偏位内に収まるようR162を調整、1KHz/2mVで±3.5KHzになるようR173を回します。こちらは少々浅めでした。余り気にする必要の無い場所かと思います。

 キャリア漏れがありました。ココは調整がシビアです。経年劣化で半固定VRが緩んでいるため、振動でズレてしまう可能性が高いため、偶にチェックして頂きたく思います。簡易に調整する場合は受信機を用意して、USBで鳴き合わせをを行います。ゼロイン・ポイントからVFO何れかの方向に外すと無変調状態でビートが聞こえますので、最もビートが大きくなる点に固定し、フィルター右上の2箇所の半固定VRを回し、ビートが最も小さくなる点に調整すればOKです。VRはまだ使えるので、交換は持ち越しで良いでしょう。

 その他については一通り調整&確認を行いました。特筆すべき離調はみられません。送信出力は規定値をクリアーしています。送受周波数については、全調整実施後にリファレンス・リグで鳴き合わせ確認を行い、誤差範囲に収まっていることを確認しています。

 これにてC/Oであります。

Tagged with →  

2 Responses to IC-375 調整終了 【2017/04/05】

  1. jl1fnb より:

    チャリネタをよろしくお願いいたします。

コメントを残す