おはようございます。横浜は快晴であります。「べっぴんさん」も最終週ですなぁ。連ドラの最終週というのは何とも寂しい一週間であります。明日は検査入院でブログも仕事もお休みしますので、今日はその分頑張ります。

JST-245 は電源移植で修理終え

 PWMが逝ってしまった個体でした。一時は修理を諦めましたが、オーナー様のご要望で自己所有されていた故障個体(JST-145、JST-245)から部品移植により修理を続行することとしました。届いたドナー2台の内、JST-145については電源が入りません。JST-245(2)の方は電源は入るものの、フロントパネルのタクトスイッチの多くが機能しません。状況的に鑑みて2台のJST-245間で部品を移植することになろうかと思いますが、どちらの個体をベースとするかが悩ましいところであります。内外装とも最初にお預かりした個体のコンディションが優れています。オーナー様とご相談の結果、こちらの個体をベースとして、後に届いたドナー機からメイン電源を移植することに決めました。部品取りというより「臓器移植」ですね。メインPSユニットをそっくり交換・・・。結果はご覧の通りです。作業は終わりましたが、再び電源が壊れる可能性も捨てきれないため、丸一日ロードすることにします。

TS-820 トラッキング作業

 こちらはPLL修理が終わったTS-820です。ローバンド側が50W程度しか出てこなかった為、トラッキング作業を具申しました。こちらも作業を終えています。この際、ALC、終段管バイアス、中和、受診感度調整、Sメーター校正、キャリアポイント調整、RIT調整を合わせて実施しています。送信出力は、全バンド80W〜100Wを確認しました。(追加1人日)

1.8MHz 正常

3.5MHz 正常

7MHz 正常

14MHz 正常

21MHz 正常

28MHz 正常

COIL PACK 調整(TX/RX)

トラッキング開始

RIT調整

28MHz キーダウン 80W

14MHz キーダウン 90W

3.5MHz キーダウン 80W

 ファイナルの6146Bは3年前に交換と伺っていますが、正直なところボケています。「新品」にも色々ありますので信頼のおける業者さんから仕入れて頂きたいと思います。受信感度は著しく改善しました。S読みで3メモリ以上です。こちらもロード中です。

 

Tagged with →  

コメントを残す