おはようございます。WBCの第二ラウンドも連勝で終わりました。これで準々決勝進出に大手です。相変わらず、松田・筒香・中田が大活躍ですね〜〜。このまま波に乗って欲しいところであります。昨日帰社後、船便でMRF485(モトローラ製・レッドマーク)が届いていました。実は先日eBayで売られている中国製の「怪しい」MRF485を調達していたため、特性を比較するために仕入れたものです。

ON製?(左)モトローラ製(右)

 最近、連続してTS-930が入場し、PA部の調整を行った際に2SC1969による代替の話題を書きましたが、他にMRF485を代替できる石がないものかと漁りましたが、適当なモノは他に無いようです。MRF485自体はモトローラ正規品を扱っているところは数えるほどです。国内で入手しようとすると、某オークションで@3,500〜で販売されているのを見掛ける以外は、某大手サプライヤの「ノーブランド品」のみです。eBayで売られている中国製模造品の多くはMRF485とは全くの別物と思われますが、今回テスト的に仕入れた石はON表記の石です。ONは「ON Semiconductor」社製を意味するのですが、ON社がMRF485をライセンス生産しているという話は聞いたことがありません。因みにON社はモトローラのセミコン部門の一部をバイアウトさせて誕生した会社ですので、可能性は無くはありません。単価が異常に安く、そもそも“パチ度MAX”な石なのですが、今後の為にモルモットになることを覚悟しました。汗 

TO-220ではあるが・・・

 MRF485はパワート・ランジスタによく見られるTO-220型のパッケージです。オリジナルはタブ部のコレクタ・メタルが剥き出しになっています。TS-930やTS-940ではコレクタ・ピン接続とせず、メタル・タブのスルーホールを電気的に接続することで基板実装しています。ところがON社製をうたうMRF485はフルモールド型のパッケージで、コレクタ・メタルがプラスチックで覆われています。ヒートシンク装着の際は絶縁対策を気にする必要が無いため扱い安いのですが、上記の様な実装方法では使用できません。eBayにはTO-220とだけ表記され、フルモールドを示す”TO-220F”とは書かれていませんでした。

hFEを計ってみる

 オリジナルのMRF485でもhFE毎にグレード分けされている様です。今回仕入れた正規品はレッド・マーク(R)でした。こちらはhFE=80前後のグループです。TS-930やTS940のドライバに使用する場合は少々高めですね。hFE=50前後のイエロー・マーク(Y)がベターだと思います。さて、ON社製の石はどうでしょう・・・。案の定でした。hFE=180以上です。思った通りの結果だったので驚きはありません。www 2SC1969などの中国製まがい物でも同様の結果です。中身は2SC1971ではないかと疑っています。昔、深圳のセミコン工場で2SC1971を大量に作っているという話を聞いたことがあります。何処に需要があるのかは不明ですが、検品ではじかれたものが廃棄されず、印字を変えてパチモノとして出回っている可能性が大です。35年前に千石電商の店頭で「ひと山100円」で売られていたシンガポール製オペアンプ4558(NSC表記)は、パッケージが真逆(1番ピン→8番ピン)でした。逆方向に挿して使えましたけど・・・爆笑。 

破壊検査実施(爆)

 そして最後は「ぶっ壊し検査」であります。w MRF485は28V系の電源で使用可能な石です。真正のMRF485か否かはこの検査で決まりです。ジャンクのTS-940のPAユニットにON社のMRF485を載せて、コレクタ電圧とバイアスを調整しSSGで14MHzを突っ込みました。(ファイナル撤去ずみ)パワー計を接続し出力を確認しながら押しました。ピーク7w程度を確認しましたが、どんどん出力低下・・(約5秒)煙が上がりました。ここで実験中止(というか終了w)です。パチモノ認定です。eBayの格安TO-220型のパワートランジスタはMRF485に限らず、避けた方がよさそうです。 ながながと失礼しました。

IC-756 Pro チェックOK ご出場!!

 パワー調整を行ったので負荷テストは少々多めに実施しました。定格通りに調整しましたがファイナルへの負荷が増しているので、連続キャリア送信時にパワーダウンが無いか確認しています。特に顕著な出力低下はみられません。電源投入時に若干ドリフトしますが、これは本機特有の挙動と思われます。昨日書きましたが、感度はメチャクチャ良いです。昨日の記事に追記で出しましたが、こちらに移しました。

FT-847 チップ待ちです・・・

 本日入荷予定です。今日中に作業は終えられると思われますが、ドキュメントとロードテストでC/Oは明日以降の予定です。

チップ抵抗・・見えるかな?

Tagged with →  

コメントを残す