おはようございます。今朝6時のラボ周辺外気温は2度、ラボ内は18度です。本日も稼業であります。昨夜、遅ればせながら「君の名は」を映画鑑賞しました。仕事仲間の間でも話題になっており「夫婦50割引」を行使してきました。ww

 「夫婦50割引」はどちらかが50歳を超えていれば割引料金が適用されるとのことです。同様の割引きサービスは他の業種でもあるようですね。映画の中身ですが、前評判通り、これが中々良い映画でありました。アニメということで、若い人向けなのか?と思いきや、昭和なオヤジが観ても胸熱なストーリーであります。しかも高校のアマチュア無線部が登場し、当ラボでも度々登場する往年の名機がリアルな描写で登場。特に60’s 70’s開局組には懐かしい機器が・・・。拙シャックにも並んでいるリグ達です。しかしストーリーの時代設定は“現在”であり、高校のアマチュア無線部に並ぶ機材が往年の名機というのは少々??な気もしますが、我々世代には刺さりますますね〜〜〜。まだ観られる様ですので、ご夫婦で今週末あたり如何でしょう?

FT-100 入場するも

FT-100 電源入らず

 FT-100を数台お預かりしております。当ラボにも度々登場するモデルでありますが、JARDさんのサポートが発表されたことと関係があるのか、無いのか・・分かりませんが、90’s〜ミレニアム世代の無線機が沢山届いてます。最初の1台は3エリアから届いた個体です。こちらは電源投入不可とのこと・・・。個体は下蓋のネジが全て外された状態です。修理にチャレンジされたのでしょうか・・。症状はオーナー様のご指摘の通りで、“電源ボタンを押すと一瞬ファンが回転して停止”します。この間、ディスプレイは反応しません。電源経路はDC13.8V→PAユニット→コントロール・ユニットになりますが、電源ON/OFFはCPUのトリガーによるリレー制御で、PAユニットから分岐されるCV(制御電圧)は常時加圧され、レギュレーターで5Vに降圧後、CPUを動作させます。CPUはフロント・パネルのプッシュボタンで起動し、CPUがブートするとPON信号(5V)が出力され、PAユニット内ののスイッチング・トランジスタのベースを押します。するとコレクタが開いてリレーがON、各ユニットへ給電される仕組みです。

CV正常 PONは2秒で消える・・・!?

CPU異常の可能性あり

 まずCVラインを確認しました。ダイオード焼損等はなく、DC13.8V印加と共にCVにも電位が掛かり、コントロール・ユニットの78L05を経由し5VがCPUに掛かりました。フロントの電源ボタンを押すと、CPUのPON端子に一瞬5Vが出てきますが、すぐにOFFになります。CPUエラーを疑いVDDリセットを実施しましたが、全く効果無しです。各ユニットの電源ライン短絡等でプロテクトが掛かっている可能性もあるため、電源が絡むジャンパを外してCPU起動を試みましたが、残念ながら結果は同じでした。Vddには5Vのレギュレーター出力の他、バッテリーのバックアップが繋がっています。電源OFF時にはバッテリーから3Vが供給され、不揮発領域に保存されたパラメーターを保持する仕組みになっています。バッテリー電位異常が長期に渡るとCPU内のパラメータが壊れて起動できなくなるケースがある様です。その場合“プロセッサ・リライト”が必要ですが、こちらはメーカーでも行いません。通常はユニット毎の交換となります。本日ヤエスさんに問い合わせますが、FT-100の補修用部品は既に償却済で、ストックされていない可能性が高いです。

FL-2100Bの診断も終了

(追記:2017/01/12 11:51)

外側の572Bが逝ってる?

 隣のラインでFL-2100Bの診断が終わりました。こちら“出力しない”とのこと。まず、全体から拝見しますと、底ネジ数個が欠損しておりました。こちらFT-101とは異なり長尺ネジの為、ラボ内に代替がございません。・・・で、本題です。 オーナー様ご指摘の通り、エキサイタで押しても出力しません。まず、バイアス値が異常です。本機はアイドリングで90mA流れているはずですが、メーター現示は半分以下です。メーター異常も考慮する必要がありますが、明らかにアウトなのは真空管です。2本の572Bのうち外側のヒーターが異常です。薄っすらとフィラメントが点灯していますが、内側と明らかに違うのが写真でお分かり頂けると思います。

異なる2本の572B

コンディションは良好

 どうやら片玉のみ交換されている様ですね。真空管の構造が異なります。先ずは正常な572Bを入れて試してみたいところですが、ラボに在庫がありません。オーナー様が予備を所有されているとのことですので、ご連絡させて頂きました。

  片肺(故障側を取り外し)状態でも、10W程度で押して100W出ていますので、球を替えるだけOKだと思います。

 

Tagged with →  

コメントを残す