おはようごじます。今朝もピリピリ冷え込んでいます。倅を口ラッパで“総員起し”し、メールチェック・・・。なんと本日の面談予定3件について、全て「ノロ感染のためキャンセル・・」の連絡が届いておりました。勿論3つとも別件です。パンデミックにノロウイルスが拡がっているようです。帰宅後の手洗いの他、コートもファブリーズで丸洗い・・・。この時期は満員電車に乗るのが怖いです。

JG1BVX、TBS-DのN役員、JI1ODG・・

 昨夜は銀座で忘年会、こちらも4人中一人がノロで欠席・・。“37 QUALITY MEATS ”という店で“US PRIME BEEF RIB STEAK” と“沖縄琉球ロイヤルポークのTボーン”を注文、3人でシェアしてきました。JI1ODGが遅刻しスタートが20分ほど遅れたため、ビール2杯とツマミを食べてしまい既にお腹が埋まりつつありましたが、旨いモノは食べられるものですな〜〜〜。特にUS PRIME….はお店のイチオシでもあり、300g—6,800円はダテじゃありません。来週も喰いたい!!(w) 久し振りに、また食べたいと思える「肉」でありました。ご馳走様です。m(_ _)m 

ROYAL PORK(手前)、US PRIME(奥)

 恵比寿にも系列店がある様です。忘年会にステーキ屋というチョイス、N役員ありがとうございました。新年会もココで!!www

TS-930 シグナルユニット 修理開始!!

 ディスプレイ交換・PLL修理が終わったTS-930ですが、100W機なのに50Wしか出てきません。「デチューンしていない」とのことでしたので調べてみると、DRV出力が規定の3割程度しか出ていないことが判明しました。本来3Vp-pあるはずですが、1Vp-p弱しか出てきません。出力換算で100mWに満たない状況です。2SC1907、2SC1973がエミッターフォロワー(ダーリントン接続)で繋がっていますが、1973の入出力がほぼ一緒で増幅していません。トランジスタを外したところhFEが低下気味だったので交換しましたが、大きな変化は見られません。16Vラインからスイッチング・ダイオードの1S1555を介し、VCC減流抵抗の100Ωを介して二個のTrに供給されています。Trのコレクタ端で9.6V程度を観測しました。“低すぎないか!!” 200mWの出力を得るにはPc=400mWとして10v/40mAです。100Ωの減流抵抗値で5Vの電位差だとすると100=5/0.05ですから、2SC1907の消費分を考慮すると回路的には僅かに電位不足?? 何かがヘンですなぁ。何れのTrもhFEを測定し状態の良いモノを選別して装着していますし、2SC1907は正常に動作しています。手前のBPFを調整するとローバンド側は3Vp-p弱でるのですが、30MHzまで特性を均一化してしまうと、各バンドとも1Vp-p弱になります。こりゃ〜長丁場になりそうです。更に気になる箇所を見つけました。本ユニットが装着されているケース面にアーク痕と思われるカーボンの不着を確認しました。基板から火花が飛んだ痕です。PLLのケミコンは全交換を要したことから、こちらも相当痛んでいる可能性が否めません。

カーボン不着(アーク痕)を確認

修理痕か?

Tagged with →  

コメントを残す