おはようございます。昨夜は激しい雨音で何度も起こされました。風も強かった様です。“拙宅の釣り竿デルタループは大丈夫か??” この後確認します。今朝も冷え込みましたね〜。夜は長年世話になった嘱託先の忘年会出席のため銀座界隈へ繰りだしますが、電車で帰れるか不安・・・。汗 夜は冷え込みそうです。温かくして出掛けるとしましょう。ノロやインフルも流行中です。マスクも必須ですな。。。 FT-847はチェックアウトです。TS-930の追加修理に使用する部材は本日着荷予定です。修理ラインには新たにFT-1021X、TS-120Vが上がっていますが、FT-1021Xは大型の為、細部確認に時間を要しています。先にTS-120Vの作業が終わったので、こちらから先にお伝えして行きましょう。

TS-120V 総合調整

 周波数ドリフト、電源投入時にメーターが振り切れる・・・等々の症状があるとのことでお預かりしました。上蓋を開けるとまず目に飛び込んできたのは沢山の埃です。モールで抵抗やコンデンサに絡みついた埃を丁寧に除去し、ついでに目視でケミコンの確認を行いました。問題なさそうなので電源を入れます。Sメーターの振り切れ症状はなく、正常にAGCが効いている状況を確認しました。“電源投入時にメーターが振り切れる”とのことでしたが、RFゲインが絞られていた為ではないでしょうか?? AFボリュームを回すと酷いガリがあります。埃混入が多めですから、接点も相当汚れていると思われます。CAIGをVRやSW類のスキマからガンガン吹き付けて、ツマミを回しまくりました。どうやらガリは治まった様です。メーターBLの球切れを確認しているので、まずココから手を入れることにします。最初12V麦球を装着してみたのですが少々光量が足りません。黄色高輝度LEDに替えてみたところ、良い具合です。VFOダイヤル板もじきに球切れを起こしそうですので、同時に交換しました。最初、緑色高輝度LEDを試しましたが、どうも色味がメーターと揃いません。結局こちらには通常の12V球を入れました。色味はメーター側の黄色LEDと一緒ですので違和感はありません。

 フロントをバラしたついでに、手の入れにくい場所の接触不良対策を行ってから組み戻すことにします。AVR UNITの(定電圧)低圧電源が若干高めですので、規定値に調整しました。案の定PLL(VCO)ロック電圧も高めです。こちらも放置するとアンロックするので、規定値に合わせました。BFOもOSCもキッチリ調整し、ジャンパ類の接点洗浄と各ユニットの固定ビスのマシ締めを行いながら組み戻し終了。「電源ON時にメーターが上がる」というご指摘がどうも気になるので、AGC調整とSメーター校正も実施します。こちらは100dBµV=S9+60dB、40dBµV=S9、8dBµV=S1に合わせました。周波数カウンタのズレはありませんし、ドリフトも30分で80Hz前後ですからTS-830よりも優秀です。(ww) 

 その他のオーダーは以下の通りです。

(1)送信出力が弱い 出るときもあるが不安定。

  • 定格出力を確認しております。

(2)IFシフトのノブを回すと変な音?(ガリ)が出る。機能はしている。

  • CAIG D-50番接点修復・復活剤で洗浄・コーティングしました。 

(3)RITやボリュウム等のガリ。

  • 3同様の処理を実施しました。

(4)NBが機能しているか不明。

  • 調整しました。

(5)受信時に内部でカチャカチャリレー音がして、送信と受信を不定期に繰り返す時がある。

  • VOX、ANTIVOXが上がっていました。マイクから音を拾って自動的に送受信を繰り返したものと思われます。

(6)バンド切り替えスイッチの遊びが少しある。

  • 症状を確認しましたが、こちらは修復困難です。

(7)周波数のドリフト

  • コールド・スタートから30分で80Hz程度下にズレますが誤差範囲と考えます。定電圧回路の調整用半固定VRのガリも考えられるため、接点洗浄・復活処理を施しました。

埃が酷い・・・

BL交換のためFパネル分解中

緑色LEDを取り付けてみたが・・・

色味を揃えるために通常の麦球へ交換

 受信感度も-140dBm付近まで復調します。十分ですね。

 

 先程オーナー様と直接お話しさせて頂きました。“Sメーターが上がりきる件”と“リレーがガチャガチャする件”については、電源投入時ではなく、スタンバイ時に発生するとのこと・・。発生頻度は2〜3ヶ月に一度とのことでした。残念ながら当ラボ内では再現しません。もしかするVOXスイッチのガリが原因かもしれません。この辺りも接点・洗浄してますので、暫く使ってみて頂ければ幸いです。

 

Tagged with →  

コメントを残す