おはようございます。雨音が響く朝を迎えた横浜地方であります。横浜地方気象台のある港横浜は気温8℃だそうですが、丘の横浜(市民からはチベットと呼ばれている)は更に気温が低いのではないかと思います。海の向こうの大統領選の結果が世界を震撼させておりますが、ブログを書く余裕がある小生は全く暢気であります。

復活!!

復活!!

 早速本題ですが、注文していた部品が届き修理作業を続行したMark Vであります。ブラックアウトしたLCDはインバーター故障が原因でした。サーモス・ヒューズとチップ・ヒューズを交換しましたが、前者は指定部品がディスコンでした。ヒューズがシリースに入っている箇所なので、最悪短絡させて手前のチップ・ヒューズだけ復旧させるつもりでいましたが、前述の通り代替パーツが入手できたのでリプレイスしています。ヒューズをバイパスしLCDが点灯することは確認済だったので、ここはスムースに処理しました。Technical Supplement にも”load running”の記述がある箇所なので、半日電源を投入しインバーターの発熱をチェックしましたが問題ナシです。

LCDを修理して気付いた他の故障箇所・・・・

 LCDは無事に全ての項目が表示可能になりました。一通りチェックして行くと、NB、WIDTH(NORMAL/NARROW)の動作が不安定です。すぐ隣のVRF/MCHのエンコーダー軸が少し曲がっています。ツマミにも微かに何かが当たった痕跡がありました。(因みにインバーターは真裏)。エンコーダー軸は無理に捻ると金属疲労で折れてしまう恐れがあるため放置することにします。再びフロントパネルを外し、周囲のフラットケーブルを引き抜いてコネクタの接点洗浄を行ってから取付直しました。NB、WIDTHともに正常動作を確認しています。

 また、CAT操作で動作確認した際に“CWキーダウンの出力不足があった”とお伝えしました。LCD表示上は200Wを超えて表示していますが、外部RF計では160W弱でした。14MHzでキッチリ200W出るようにALCを調整しています。

2016-11-11-00-11-18

交換した部品

2016-11-11-00-11-39

入手した代替パーツ類

FRG-100 部品入手困難

 サプライヤーにDCジャックの見積を依頼していますが、昨日の時点で返答がありません。ジャックだけなら入手出来る可能性がありますが、プラグが見つからない様ですね〜〜〜。他のパーツを入れるとなると大改造を伴うため、工数が見えません・・・。強引にケーブルを引き出す方法もありますが「仕事」として如何なものか。少々お時間を下さい。

Tagged with →  

コメントを残す