おはようございます。今朝は冬型の気圧配置により全国的に寒い一日になるとのこと。関東では「木枯らし一号」が吹き、山沿いでは雪もちらつくとか・・・。気になるのはお天気ではなく、太平洋の向こうの国の大統領選の行方ですね。昼過ぎには大勢が判明するとのことです。

 今朝はゴルフ場の隅に設置する自治体の防災ヘリポートに関する調査依頼で、朝から相鉄線に揺られて来ました。ヘリポートを設置する際は、一年分の気象データやアプローチエリアの障害物に関するデータ収集など、盛りだくさんの書類を準備します。「マル書いてH・・・ハイ一丁上がり!!」という訳には参りません。今日は航測屋さんとの打合せです。進入路上には送電線や高層建造物、立木などの自然障害物が存在し、それらの高さや距離を計るのですが、巨大な巻き尺を使う訳ではありません。航測屋さんはレーザー測量という方法で正確な距離や高さを測ります。そんな打合せの為に瀬谷までやってきました。クルマで来れば多分30分掛からない距離なのですが今朝は家族にキープされてしまい、中央林間〜大和〜・・・とかなり遠回りしながら現地へ。相鉄線に乗るのは30年ぶり、この辺も随分変わりましたね。

修理進捗

 Mark Vの部品はサプライヤーの倉庫から本日出荷されます。今日明日には届くでしょう。交換箇所はインバーターなので発熱具合の検証が必要になります。交換は1時間程度ですが、ロード・エージングに8時間を要しますので、仕上がりは明後日以降になります。

FT-847 入場

ターミナルを叩いても無反応・・・

ターミナルを叩いても無反応・・・

 第二ラインではFT-847の検証が始まっていました。こちらはJT65など、PCからCAT制御が行えないとのことでお預かりしました。送受などの基本機能は問題無く動作する個体ですがCATがNGです。RS232C=USBの変換チップを内蔵したI/Fケーブルも同梱頂きました。まずはラボで所有している様々な変換ケーブルを繋いでターミナル・ソフトからコマンドを送っていますが、全く無反応です。これらのケーブルは正常個体のFT-847で検証済です。次に同梱頂いたケーブルで試しても結果は同じでした。正常個体のFT-847と同梱頂いたケーブルを使って検証したところ、正常な反応を確認しました。CATを受けるプロセッサのピンに電圧を掛けても無反応、これは完全に逝ってます。残念ながらユニット、単体部品共に入手困難です。無線機としては生きている個体ですの、SSBやCWでご活用頂きたいと思います。(>_<)

 

Tagged with →  

コメントを残す