おはようございます。秋晴れの清々しい朝を迎えました。気分も爽快であります。昨夜は1時過ぎまで修理個体と格闘、半徹でも翌朝は6時に起床するので今朝は少々寝不足・・・。関東は内陸部を中心に夏日になるとのこと。日々寒暖が激しいですね〜。少し風邪気味かな???

 修理のお問い合わせで、「メーカーに修理見積頼んだら、ユニット交換で修理代が嵩むって言われたんだけど・・・・何とか安く直せないか?」というご相談が多くなりました。メーカーは補修用性能部品をバルクで持っています。また、サービス工数を下げるための工夫として、補修用のユニットを、製品組み付け分とは別にストックしており、故障箇所特定の時間を短縮することで工賃を圧縮しています。本来、そこはサービス・エンジニアの技量次第かもしれませんが、その辺りの本音はなかなか説明できないところでしょう。また、メーカー自身の方針でもあるため、サービス・エンジニア個人の裁量の及ぶところではないのも事実です。(その点、K社横須賀サービスは懐が深く、エンジニア個人の裁量に委ねている部分が多いと聞きます。故に古い機種でも修理対応しておられるのかと。。。)勿論、部品個々が在庫切れすることもあり得ます。無線機に限らず、メーカーはトランジスタ1個を仕入れるにも購買部門を通さねばならず、償却期間を終えた部材を再発注するのは至難の業ですし、営業部門からは「新製品販売の障壁になる!」等々の苦情が寄せられ、内部摩擦の種に・・・。どの業界も一緒ですね。

 弊社の場合、スタンスとしてはK社横須賀サービスに近い感覚ですがメーカーではないのでユニット交換などは勿論対応できません。時間が掛かる故障箇所の診断・部品交換を行うスタイルになりますので工数も嵩みます。また補修用部品の調達も1個単位になり、しかも市場流通していない部品を海外から取り寄せることも多々あり調達費用も高くなります。そんな訳で、申し訳ないのですが「安い・高い」では勝負になりません。その様な理由から、“メーカー対応中の機種についてはお引き受けしない”というスタンスを貫かせて頂いております。お使いの個体に愛着があり、どうしても直して使いたい等の「強い思い」にお応えすることを優先しておりますこと、何卒ご理解ください。

IC-756Pro 故障箇所特定!

IC-756pro 見参!!

IC-756pro 見参!!

 というわけで半ば意地で続けている作業であります。(トホホ)本機も現役個体が多数活躍中の無線機であります。アイコムさんも最近まで修理対応されていました。従って、当ラボ入場数は極僅かであります。お預かりしている個体は「受信感度が激減」とのことです。2個のANT端子、2個のVFOをそれぞれ切替てSSGから信号を入れ、受信感度が規定のレベルに達しないことを確認しました。-50dBm入れてもSは全く振らず、微かに信号を聴き取れるレベルでした。若干の感度差はあるものの全バンドでほぼ同様です。RFユニット〜CTRLユニットのジャンパを開放し、直接SSGを突っ込んだところ元気よく受信することが判りました。故障箇所はCTRLユニット内で確定です。

チップトランジスタ、チップダイオード焼損を確認!!

2016-10-18-02-35-45 CTRLユニットにアクセスすべく、上蓋内側のシールドを撤去します。図の通り、2系統のANT端子から入った信号は切替リレーを介し送受リレーに送られます。合計4個のリレーを通過した後にRFユニットへ送られる構造ですが、リレーとLPF以外に直接的な障害物になり得る部品が見当たりません。ANT切替機は正常に動作しており、何れにSSGを繋いでも結果は一緒ですので、RL3よりも先ということになります。リレーを取り外してみるかと思いきや、基板表面にごく僅かな異常を確認しました。送受リレー横の表面実装パーツの一部が変色している様です。双眼ルーペを装着し(老眼’sには目視不可ww)ターゲットを補則! ナント焼け焦げていました。ユニットのパターン図からトランジスタとダイオードであることが判明しました。まずは調達可否についてサプライヤーに確認します。

2016-10-18-01-55-32

まずはRFユニットを確認 CTRLジャンパに直接信号入れたら正常受信

2016-10-18-02-57-18

シールドを撤去してCTRLユニットへ

2016-10-18-02-56-52

リレーの左側に注目・・

2016-10-18-02-48-40

変色しているように見えるが・・・

2016-10-18-02-51-27

焼損はQ25、D21・・・

 
2016-10-18-02-52-29

パターン図で確認

 サプライヤーから即答・・・2Sc4213は在庫アリ、MA77は在庫ナシ!!とのことでした。さ〜て、自力検索開始であります。MA77(MA2Z077)はバンドスイッチングダイオードと言いまして、ショットキダイオードに似たものであります。既にディスコンでしてパナさんのディーラーにも在庫は無いようです。チップ部品なので外見寸法も勿論ですが、特性の近い物を探したところロームの1SS356がヒットしました。外径はドンピシャ、Cd(t)、Rfもほぼ一緒です。他に選択肢はありません。

Tagged with →  

コメントを残す