おはようございます。少々怪しいお天気です。また崩れてきそうな雰囲気ですなー。秋の番組改編期になりました。トト姉ちゃんも明日がファイナルです。朝ドラを観ながらブログ執筆というペースが崩れないと良いのですが、次のドラマも視聴習慣の高まる作品であることを切に願います。(笑)

 リリースしたRRS-Pi Ver.2.1.0のインプレッションが続々届いております。基本的にはVer.2.0.xと変わりません。Raspberry Pi3が使えるようになった点が具体的な相違点です。Pi3の特長として、Built In WiFi の搭載があげられますが、Ver.2.1.0はこの機能にも対応しています。SSIDをマニュアル設定する必要があるため、初期設定時は有線LANで行います。今朝は小池OM(JL1JVT)から頂いたβレポートをご紹介します。

以下、原文転載・・・・

 こんにちは。 遅くなりました。 ちょっと簡単な報告ですみませんが、添付の通りRRS-Piハイブリッド版のテスト報告をお送りします。 iPhone6での運用では音声クリアとのリポートを貰いました。 PCでは音声が過変調気味とのリポートを頂いたケースがありました。 ちょっと送信音声音量を調整する必要があるかなと思いました。 FT-991で430MHz・FMでの交信だったのでこちらでモニター出来てませんでした。 iPhone6での運用は、思った以上に便利ですね。 今後、多用するかも…です♪ (検証機種:FT-991、FTDX3000、FTDX5000)

 PC(VoIP)スマホ(IAX)ではTX変調ゲインが異なるようですね。VoIP/IAXともにプログラム・レベルでゲイン調整することができないため、RRS-Piの管理画面内のゲイン調整、若しくは無線機側でプリセットする必要があります。特にスマホの場合は、iOS端末はゲインオーバー気味、Android端末の場合、スマホ・メーカー毎に入力ゲインが異なるため、使用環境に合わせた設定が必要になります。受信時の音量も、FTDX3000、FT-991ともにデフォルトの設定では歪んでしまう場合があります。この場合、無線機側のDATA OUT LEVEL を調整することで解決します。小生はFTDX3000で12〜20程度に絞っています。小生自身もiPhoneリモートがメインですが、コレは定番となりつつありますね。愚妻がiPhone 7を申し込んだようですので、こっそりテストしちゃいます。ww

 頂戴したレポートではPC側で過変調気味とありますね。こちらは、PCインターフェースのマイクゲイン(実際には無線機を遠隔で調整しています)で上手くセットして頂く必要がありそうです。また、お使いのマイクやPCのオーディオ設定、Flashのゲイン設定でも調整可能です。ベストな設定を探ってみて頂ければ幸いです。

 余談ですが、小池OMが“素晴らしい資料”を作成されています。FT-991 + RRSを構築予定の方は必見です。

IC-775 及び TS-950 調達進捗

 今朝のトラッキング結果です。IC-775のステッピング・モーターは成田を通過して保税倉庫に入ったものと思われます。通関トラフィック次第ですが、早ければ明日には着荷すると思われます。着荷後、交換調整作業に3日程度(土日はお休み)要しますが、他の箇所の故障も考慮しなければなりませんので、納期確定はできません。TS-950SD用のファイナル2個ですが、こちらは今朝アンカレッジまで来ていることを確認しました。これらは、第一・第三ラインで担当しま〜す。

IC-775用 ステッピング・モーターのデリバリー状況

IC-775用 ステッピング・モーターのデリバリー状況

TS-950SD用 ファイナルトランジスタのデリバリー状況

TS-950SD用 ファイナルトランジスタのデリバリー状況

コメントを残す