おはようございます。土曜日ですが、修理状況のご報告です。少々案件が停滞気味なので、休日対応中であります。しかしながら、今回は残念なご報告になります。

LCD異常のIC-736

LCD異常のIC-736

 お預かりしておりますIC-736のLCD不具合について拝見させて頂きました。まず、本機に二つのタイプのLCDが存在します。お預かりした個体は、前期型の黒色ベースに黄色と赤色の文字表示が組み合わさったタイプです。もう一つは欧米仕様のオレンジ・ベースに黒文字タイプです。トラブルの多くは前者の黒色ベースのもので、こちらは劣化による液漏れが多発しており、LCD自体を交換するしか術がありません。修理個体の多くはオレンジ・ベースに交換されていますが、既にアイコムさんにも在庫がありません。BVXラボで修理させていただく場合は、海外ディーラーからも取り寄せますが、数社に打診して何も「在庫ナシ」の返事でした。オレンジ・ベースのLDC搭載機のジャンク個体でもあれば部品取りできるのですが・・・。残念ですが、修理不可能と判断いたします

ディスプレイが故障した個体の活用法

 本気はHF〜6mまでカバー、電源やアンテナチューナーも内蔵しています。小型・高性能な無線機ですので、修理して使えればそれに越した事はありません。本個体の場合、表示部が完全にアウトですので動作自体の確認ができませんが、CI-V(RS232C)でパソコンと接続すれば、パソコン側から制御できる可能性があります。Ham Radio Deluxe(HDR)を使えば、本体のディスプレイ機能をパソコン側に代替可能で、操作自体もパソコンから行えます。本体の設定画面にアクセスできないので、通信速度はデフォルト設定固定となりますが、CI-Vで通信が確立できれば、その後は殆どの機能をHDRから操作できると思われます。その他にもCI-Vに対応している制御ソフトは幾つかあります。

Tagged with →  

コメントを残す