お疲れさまです。いつの間にか週末ですね〜。そして今日は完全に春の陽気です。3日に渡ったIC-746との戦いにも決着が着きました。自分なりには、まぁまぁの出来だったと思いますが、如何でしょうねェ。

 整理すると、まず50MHz送信不可能とのことでお預かりした固体です。こちらでチェックすると、一応電波は出ていましたが、CWキーダウンで10W弱ですから、SSBでは殆ど針が振れない状況であったかもしれません。HFは7MHz、14MHzは50W弱、その他は20W〜30W程度でしたので、てっきり50W改造されているのかと疑った程です。

50MHzも元気にパワー復活!!

50MHzも元気にパワー復活!!

 最初に疑ったところはHF/144MHz系の切替リレーでした。144MHzも50W定格に対して、10Wと控えめ過ぎる出力であったことから、この辺りに的を絞って故障箇所の特定に入りました。しかも、云十ワット出ているため、ファイナルは生きています。結果的に、プリドライバ・ドライバ・ファイナルにバイアスを供給する根っこのラインが、集中的に壊れていたことがパワー不足の原因でした。交換部品は以下の通りです。

 

 

 

  1. 2SC1972入力トランス後ろのアッテネータ抵抗×4個(R66〜R69)
  2. 同バイアス回路の実装アルミ電解(C54)、パスコン(C52)
  3. 144MHz 側ファイナル用バイアス・ドライバTr  2SD1406
  4. HF〜50MHz 側ファイナル用バイアス・ドライバTr  2SD1406
  5. 段間結合トランス コイルまき直し 0.2mm系ホルマル線 代替

 これらを交換したところ、出力は1.9MHz〜29MHzで120W〜170W、50MHzで80W、145MHzで30W程度まで回復したことを確認しています。VHFに関してはファイナルそのものの劣化とみられる、若干のパワー不足を感じますが、実用上問題無いレベルでしょう。各バンドとも大幅に出力が回復しています。

1.9MHz

1.9MHz

3.5MHz

3.5MHz

7MHz

7MHz

14MHz

14MHz

21MHz

21MHz

50MHz

50MHz

145MHz

145MHz

交換した2個の2SD1406Y

交換した2個の2SD1406Y

 まさかのコイル溶断には正直絶句でした。0.2mmのホルマル線が意外なところで役に立つとは・・。取りあえず、パワーが出過ぎているのでHFはデチューンします。

 

Tagged with →  

2 Responses to IC-746 修理完了 【2016/03/18】

  1. 植田 邦彦 より:

    お疲れさまでした。
    詐欺にあったと思わないでください。
    BVXの能力とパワーの賜物と感謝です。
    先ずはお礼まで!

  2. jg1bvx より:

    とんでもございません。チャレンジさせて頂き感謝しております。達成感がこの仕事の醍醐味です。

コメントを残す