月曜日朝便にてTS-520が到着しました。入場中のIC-505は全く問題ございません。このまま出荷させて頂きたいと思います。RJX-601は「メンテナンスパック」を施工予定、今週中に出場・出荷の予定です。

 先日、FP-29用のオーナー様から修理用バリスタをお送り頂きました。こちらはRJX-601の作業が終了し次第、再び修理ラインへ戻す予定です。

 その後は、FT-1021X、TS-940SL、IC-502、TS-520の順で作業に掛かる予定ですが、着手開始は今週末から来週になると思われます。大型機が続くため診断だけで1〜2日掛かります。その後、修理となりますと部材調達も含めると、1台当たり1週間〜10日を要します。一度作業に入るとラインが塞がりますので他の作業ができまません。汗汗汗 (平行作業ができない) 

 お待たせしておりますが、何卒ご容赦の程お願い申し上げます。

Tagged with →  

コメントを残す