涼しくなりました。秋の気配を感じます。昨日は久しぶりにエアコンを切って部屋の空気を入れ換えました。赤坂でアマチュア無線関係のイベント・番組の打合せを済ませ、九段のJCABに立ち寄ってから帰社(帰宅)しました。まだお盆休みの人も多いようで電車も空いています。帰社後にお預かり中のFT-901Dを開封、異常箇所の確認作業を進めているところです。

 確かに送受不能です。しかし局発は問題ありません。MIX後の周波数も正常に出ています。リレーをコツンと突いたらザーッと聞こえてきました。送信も問題無いようです。リレー接点が劣化している???。お馴染みのHC2なのでストックはあったはず・・・。「あれ?、無いな〜〜〜」 

 取りあえずケースを外して接点洗浄を試みます。一応普通に動作するようになりましたが、これは再発の可能性大。受信感度も問題ありません。送信もSSB、AMともOKです。念の為リレーは交換しておきましょう。T/Rの切替が上手く行かないと受信回路を壊す恐れもあります。リレーは取り寄せますので、少々お待ち下さい。他に異常箇所が無いか、まずは受信系を中心にロードしてみることにします。

 個人的にはFT-101系を所有したことがなく、今世紀になって始めて触れた無線機達です。(TS-311でHFデビューしたクチでして・・)既にメンテナンスでは何度もお目に掛かっておりますが、このFT-901など当時のヤエス機はモジュール化されたユニット基板をスロットに抜き差しする方式なので、部品交換の際は楽ですが、調整時はかなり面倒ですね。メーカーで修理する際には試験用のクレードル上で確認できるのでしょう。流石にそこまでは用意できないので、我々がメンテする際にはソケット部分を延長する下駄基板を履かせるやり方が一般的です。ネットで検索すると製作記事が見つかりますが、海外のガレージメーカーで製品化されており、eBayあたりで引っ張るのも宜しいかと。。。。 

あれっ・・会社のサーバーがダウンしてる??

 tbhd.jpに繋がりませんね〜。SQLが落ちているようです。安い鯖なのでご容赦ください。m(_ _)m 

2015/08/25  11:55 

平素はヘテムルをご利用頂き、誠にありがとうございます。

現在、mysql***.heteml.jpのサーバーに接続出来ない障害が発生しております。

お客様にはご不便をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんが、
現在対応を行っておりますので復旧まで今しばらくお待ちください。

Tagged with →  

コメントを残す