珍しく前置き無しで書きます。このRJX-601は「超級初期ロッド」と呼ばれる(勝手にw)ロゴやマイク形状が特長的な、73年前期グループの固体です。お預かりしてから半年近く経過してしまいました。既に内部のレストアは完了しています。

製品レベルの出来映え!!

製品レベルの仕上がり!!

 恐らく20台以上のRJX-601をレストアさせてきましたが、ダントツの出来だと自負します。中身のメンテナンスについてはこちらの記事をご確認ください。中身はオリジナル以上の性能にチューンしましたが、ボディは長らくそのままでした。今回は下地を出すのにサンディング処理、8回に及びブラックの重ね塗り、同じく8回のクリア重ね塗りから更にコンパウンド(7000番台)による艶出し仕上げを施しました。ケース以外の金具類、樹脂系パーツ例は、交換もしくは錆落とし後にボディ同様のクリア処理を施しています。長らく時間が経過してしまった理由は、塗装工程は天候に左右され易いため晴れの安定した日々が続く時を待ったためです。恐らく、このタイミングを逃すと梅雨入りしてしまったでしょう。グタグタ書くより、ご覧頂きましょう・・・。

塗装開始

2度目

2度目

絶好の焼き付け日和

絶好の焼き付け日和

下塗り8回 クリア8回を追えて磨きだし開始

下塗り8回 クリア8回を終え、磨きだし開始

耐水ペーパーで錆を落とし、クリア吹きつけ

サイドのステッカーを剥がして水洗い

サイドのステッカーを剥がして水洗い

組み付け開始

組み付け開始

やり過ぎか?w

やり過ぎか?w

鏡面の手前?

鏡面の手前?

うっとりします・・・

うっとりします・・・

 因みにベース固体はジャンク価格でヤフオクで落札されたそうです。正直なところ、やり過ぎ感が否めません。1000番辺りで止めておけば、オリジナルに近かったかも知れません。結局、7000番のコンパウンドまで持ち出しました。9500番も手元に待機させましたが黒い鏡になってしまうので止めます。

 BIBさん、飾ってください。w

 

 

 

 

 

Tagged with →  

2 Responses to RJX-601 フル・レストア完了

  1. 7K1BIB より:

    ほんとありがとうございます。ピアノみたいw お引き渡しいただけるのが楽しみです^^

  2. jg1bvx より:

    明日、RJX-601をお持ちします!!

コメントを残す