久しぶりにRRS-501のネタです。ご好評頂いている本機ですが、以前ご紹介したEDCさん製造の外部インターフェースを正式にサポート致します。これにより、無線機・周辺機器などの電源操作と各社のローテーター操作が可能になります。

スクリーンショット 2015-03-02 12.09.36

ローテーター・インターフェース

 外部インターフェースについては以前にも書いておりますので、こちらもご参照ください。

 外部インターフェースには、最大10Aを4系統、1Aを4系統、予備2系統に合計10系統の電源を制御可能なリレーSWを内蔵。江本アンテナ・クリエイトデザイン・ヤエス(ケンプロ)を始とする各社のローテーターに対応した制御機能を搭載しました。しかも、2台のローテーターを制御可能です。RRS-501には既に外部インターフェースを制御するソフトを搭載しており、RS-232C経由で接続が可能です。これに合わせ、RRSのオプション・コントロールに制御GUIも追加、視覚的にも解りやすいデザインとしました。間もなくVer.1.1.4としてリリース予定です。

 以前よりヤエス製ローテーターについては無線機を介し制御可能でしたが、今回追加する機能は全く別物です。

 

電源リレー・インターフェース

電源リレー・インターフェース

 現在ベータ・テスト中ですが、快適に動作するとのことです。この外部インターフェースはエレクトロデザインまたは、HAMSTARのショッピングサイトで販売予定です。

 

Tagged with →  

コメントを残す