週末の東京地方は梅雨前線の通過により大雨が2日続きました。関東も梅雨入りしたようで、嫌なシーズンの到来です。当局はATU+ワイヤーアンテナという基本構成なので雨は大敵です。CG-3000の給電部は湿度に弱いようで、ハイインピーダンスの原因になります。以前ここにも書きましたが、リレー焼損トラブルに見まわれエライ思いをしたことが頭を過ります。 土曜日の深夜はヨーロッパのショートパスが開けていたようで、14MHz〜21MHzはかなり賑わっていたとのこと。
当局はアンテナも出せず、ふて寝してしましました。w日曜はお昼頃から西日本上空でEスポが発生。6mで4〜6エリアが強烈に飛び込んでいました。

 相変わらずシーリングが低く、雲に覆われたお天気でしたが雨は上がったので、ロングワイヤを引っ掛けた釣り竿をテラス外に展開。今日は何となくTS-520な気分だったので、PLATE、DRIVEツマミを調整してSA2001をスタンバイ。7MHz、14MHzで軽くコールしたところ、6エリア、3エリアがピックアップ。10分で4〜5局と交信。
生産中止が発表されたFT-897も足慣らしの為に電源ON。マグネティック・ループで6mにQRV。6エリア、4エリアにつづいて、台湾、韓国とSSBでローカルDX QSO。夕方にはRJX-601でダイヤルサーチしていたところ、50.650 AM 付近でハングルが飛び込んでくるではありませんか!! 

 交信相手は埼玉の局らしい・・・。即コールしたところ、ナント1発でピックアップしてくれました。これには流石にビックリです。SSB換算で2.5W QRPと言ったところかと思います。流石に相手方も興奮を隠せない様子。カード交換を約束して交信終了。こちらはRJX-601デスよ!!

Tagged with →  

コメントを残す