昨夜サンハンでローカルの7N3CCB局を待っていた際、なんとなくCQを出されていた局をコールしてみました。霞ヶ浦ローカルの局で+20dBで強力に入感。シグナルもさることながらトークパワー自体が強かったので「リニアを入れておられるのでは?」と勝手に思っていたところ、案の定1kw出されているとのこと。 セカンドシャックから電波を出されているそうでご自宅はロング・ワイヤー+ATUの組み合わせだそうです。週末にセカンドシャックに来られDXやローバンドQSOを楽しまれているとのことでした。

 当局がアパマンで、ATUの通過許容電力に合わせて200wリニアを製作中であることなどをお話したのですが、愛用中のATU、CG-3000の国内代理店、EDCエレクトロデザイン株式会社のオーナーでおられることが判明。その後、7N3CCB局も加わりラウンド状態に。CG-3000に纏わる裏話の数々を直接お聞きする幸運に恵まれた次第です。

 200wという中途半端なQROの為のリニア制作の話に、「これはもしや?」と思われたそうです。確かに許容電力200wというATUはCG-3000 くらいです。正式にサポートしていない50MHz帯もキチンと同調がとれるというお話も伺うことができ、正に目から鱗のひと時でありました。ファーストQSOから1h以上もお付合い頂いた JA1AHS 木下OMに感謝申し上げます。(益々CG-3000が気に入った)
因みに木下OMもアンテナを上げられたばかりで、我々が初QSOとのことでした。
カードは間違いなく連盟経由でっ!!

 それにしても、最近はローカルラグチューもサンハンです。
技術力の高いOM諸氏のお話が伺えるのが、何よりもの楽しみです。

 

Tagged with →  

コメントを残す