昨日、村上春樹さんの新作が発刊されました。メディアでも大々的に取り上げられたのでご存知の方も多いと思います。ノルウェーの森、1Q84、海辺のカフカなど読みましたが、読み始めると、その世界に吸い込まれるような魅力を感じるのが、村上春樹作品の特長ですネ。 朝、駅ナカの書店に立ち寄ってカウンターに数冊残っていたウチの一冊をゲットし、そのまま新幹線に乗り込みました。東京から仙台に向かう間に1/4ほど一気読み。多分、朝までに読破しそうな勢いてす。

2013-08-22 22.29.19

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

追記

後半はマッタリと、情景説明ばかり。ちょっと疲れました。

Tagged with →  

コメントを残す