表題の写真集が書店に並んでいて、思わず衝動買いしました。鉄道写真家としてテレビでもお馴染みの中井精也さんによる、旧東横線渋谷駅に関わる人々にフォーカスした写真集です。
 つまり、この写真集の主役は「電車」ではありません。この駅を利用する人々のスナップ写真に、被写体自身から発せられた「夢」を載せるという斬新な試みです。真に一期一会で撮り下ろした東横線・渋谷駅のオマージュと言える作品。

小生自身・・・幼少期、祖父母の家の在った東急沿線への行き帰り。高校・大学と日吉へ通った毎日。はじめて購入したマンション(等々力)から通勤した8年間。
等々・・・・・・・。この写真集を読みながら、少し目頭が熱くなりました。。。

 カマボコ屋根の下で電車を待ちながら、色々なコトを思い考えたな〜〜〜。

IMG_1345

母校の後輩達のメッセージも・・

IMG_1346

 この写真集には、一般の利用者だけでなく、この駅に深く関わった関係者のコメントも寄せられています。オススメする写真集です!!

[amazon_enhanced asin=”4884971175″ /]

Tagged with →  

コメントを残す