昨日、地元の東急線が副都心線と接続、その先の西武線、東武東上線とも相互直通を始めました。東急沿線には観光地らしいところが少なく、線路の先に観光地が出来たとなると、ついつい行ってみたくなる性分。笑  実際、こういう機会でもないと中々足を運ばないところでもあります 。

 ということで、秩父へ散歩がてら出掛けてきました。秩父盆地の気温は18度まで上昇。天気も良く気持ちよい散歩ができました。

 自由が丘で電車を待っていると、見慣れない車輌が走ってきました。

_IGP4194

3月16日から東急線に乗り入れている西武鉄道6000系電車

 

 どうやら直通先の電車のようです。東横線の上りホームで、渋谷行き(日比谷線を除く)以外の行き先を見たことがなく、何だか新鮮な感じです。西武線直通の急行に乗り、途中の飯能から終点の西武秩父まではレッドアロー号に乗車。自宅を出て2時間弱で秩父に到着。流石に1時間以上の乗車となると、通勤電車の椅子だとお尻が痛くなりますね。汗

 地続きというか、線路が繋がる経済効果は大きいようです。東横線から乗られてきた方が何組も居られた模様。西武秩父から名所「羊山公園」へ徒歩で移動。秩父盆地が見下ろせる山の頂上でお弁当を頂き、秩父市内の札所を巡った後に秩父鉄道で長瀞へ移動。ライン下りで有名な岩畳へ降り、そよ風に吹かれてきました。秩父鉄道ご自慢のSLが試運転してましたが、こちらはタイミングを逃し写真に納められず・・。我が地元の東急電鉄からの払い下げ車輌や、昔懐かしい国鉄101系電車が元気に走っていたのにはビックリ!

_IGP4232

長瀞駅に並んだ1000系(元国鉄101系)と7500系(元東急8090系)

 

 帰りは寄居経由で東武東上線を利用。乗りかえもホームtoホームだけでラクチンの小旅行でございました。

 芝桜の頃にもう一度訪れたいと思います。

 http://goo.gl/RUxgr (外部サイト)

 

 

Tagged with →  

コメントを残す