今日は仕事も休みです。当局所有のTS-940Sは、コールドスタート時にローバンド(1.5MHz〜7MHz)の周波数がPLLロックしません。これはTS-940シリーズに共通して起こる経年劣化による症状のようです。

IMG_1309

 多くの場合、PLLの基板上のコイル・トランスのコアを調整することで回復するとのことで小生もトライしてみました。SPボックスユニットを外し、Digital A ボード基板下のPLLユニット基板にアクセスします。スクリューネジを8個外すのみでココまでは至って簡単に作業できます。

 PLLユニット上のTP-4(C215)、TP-5(R96)の電圧が最大になるよう、L17,18,L20〜L24を調整します。テスト・ポイントにRFプローブを付けてデジタルマルチメーターの値を測定するだけです。作業時間は約30分程度、一度リグから電荷を抜く必要があるので、暫く電源OFF状態で放置。 夜にでも動作確認してみます。

 

IMG_1308

Tagged with →  

3 Responses to TS-940S PLLアンロック 調整

  1. 西馬 より:

    パワーが出なくなりました 、急ぎませんので直して頂けますか

  2. 西馬 より:

    TS-940S パワーが出なくなりました 、急ぎませんので直して頂けますか

  3. jg1bvx より:

    西馬さん
    コメントありがとうございます。
    以下のリンクをお読み頂き、その下にあるフォームからお問い合わせください。
    http://jg1bvx.com/repairradio

コメントを残す