もうご存知ですよね。ペンタックスの高級コンパクト機 MX-1 が海外で発表されました。沈胴レンズをクラシックなボディに埋め込んだスタイルは、ペンタというよりもリコーGX、GR系の流れを組んでいる感じがします。

 ロゴは懐かしい”MX”を彷彿させます。小生は思いっきりMX世代のユーザーなので「どうせならデジタル一眼レフとして送り出して欲しかったなぁ〜〜」と。撮像素子は1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサーにF1.8-2.5の明るい光学4倍ズームレンズという組み合わせは、高級コンパクトデジカメとしては控えめな感じがします。真鍮はいいんですが、それよりも光学式ファインダーを使えるようにして欲しいかったですね〜。GXでもEVFがありますし・・・。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20130108/1046782/

 

関連記事

Tagged with →  

コメントを残す