正月2日の朝9時から2日間、JARL主催のニューイヤーQSOパーティーというコンテストが開催されています。この日ばかりは普段出てこない人たちも、何故か無線機を引っ張り出して出てくるという不思議な2日間。国内のアマチュア無線家達の新年名刺交換会みたいなものでしょうか。ルールはシンプルで、期間内に20局交信してルールに従ってRSレポートに名前をくっ付けて交換するというもの。普段はリスニング主体の小生も「コンテストサービスでもやってみるか?」という気になり、初詣ついでに高尾山へ登りました。

 朝7時過ぎに自宅のある二子玉川を出発、田園都市線、横浜線、中央線、京王線を乗り継ぎ、1時間掛けて高尾山へ到着。薬王院でお参りを済ませてからケーブルカー山頂駅上の展望台へ。参拝客で賑わっている高尾山ですが、寒さのせいか展望台には人も少なく、これはチャンスとばかりにハンディ機とマグネット基台付きミニホイップを取り出し手すりに貼り付て早速QRV。ところが、周波数はどこもいっぱい。流石に東京を見下ろす超高台、電波の入りも半端じゃないです。山梨、群馬、埼玉、栃木、千葉、神奈川、、関東平野のあらゆる電波を拾ってしまっています。皆さんが移動局運用に指向性アンテナを持っていくワケがやっと理解できました。CQは諦め他局のサービスにお声掛けさせて頂く普通の運用に。30分で6局程お相手頂き、後の予定が迫ってきたので止む無く下山。

 自宅に戻って、144/430のSSB、FMで20局クリア。その後もマッタリとラグチューモードで30局お相手頂きました。サマリーをJARL提出すると記念の干支ステッカーが貰えます。12枚集めて台紙に貼って提出すると記念の楯が進呈されるというもの。カムバック組にとっても敷居の低いコンテストですし、何と言っても新年のご挨拶を兼ねているのでアクティビティも上がって大変結構ですね。

コメントを残す